@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

遡河魚【そかぎょ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

遡河魚
そかぎょ
anadromous fish
昇河魚ともいう。サケマスアユなどのように産卵のため川にのぼる魚。ただし,淡水中で産卵も含めての一生をおくるように生活史が変化したものもあり,これは陸封型といわれる。たとえばヒメマスベニザケの陸封型である。これに対して,ウナギのように普段は淡水域で生活していて,産卵のために海へ下る魚類降河魚 catadromous fishという。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

そか‐ぎょ【遡河魚/×溯河魚】
産卵のために海から川へさかのぼる魚。サケマスなど。昇流魚。さっかぎょ。⇔降河魚

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さっか‐ぎょ〔サクカ‐〕【遡河魚】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

そかぎょ【遡河魚 anadromous fish】
魚類はすんでいる場所により海産魚と淡水魚に分けられるが,多くの魚の中には,一生のうちのある特定の時期を海洋で,その他の時期を淡水で過ごすものがある。そのような魚のうち,主として海洋で成育し,産卵を淡水中で行うものを遡河魚または昇河魚という。カワヤツメチョウザメ,サケ,イトヨなどがその例。その反対に,淡水中で成長し,産卵期に近づくと川を下って海に出,海洋中で産卵するものを降河魚または降海魚catadromous fishという。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

遡河魚
そかぎょ
anadromous fish

海洋で餌(えさ)をとって成長し、産卵のために河川または湖へ回遊する魚類をいう。遡上魚(そじょうぎょ)ともいい、ウナギのように産卵のために海へ下る降河型の魚と対比して用いる。多くは、大きくて粘着性の卵を産み、河川または湖沼に陸封される個体をもつ。ワカサギ、シシャモ、シラウオなどは沿岸域にいて、春に川をさかのぼって河口域で産卵する。海に入ったイトヨは沿岸で越冬したのち、3月ごろに遡上して標高100メートル以下の下流域で産卵する。ウグイも内湾にすみ、春に川で産卵する型がある。

 ヤツメウナギ類、チョウザメ類、サケ・マス類は、海で1年から数年間生活して大きく成長し、川へ帰って上・中流域で産卵する。とくにサケ・マス類は母川へ帰る習性があり、これを母川回帰という。同じ種類でも、種族によって川をさかのぼる季節や、体の大きさ、形態にも違いがあり、それらの形質が子孫に遺伝される。系統的にかけ離れたこれらの魚類間に、共通して、それぞれ産卵する季節をずらした種族があることは興味深く、洪水その他の天災、病気などによる被害を分散させる効果がある。また、種族間での漁期の最盛期の差は魚価の安定につながる。

[落合 明・尼岡邦夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遡河魚」の用語解説はコトバンクが提供しています。

遡河魚の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation