@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

遣水【やりみず】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

遣水
やりみず
庭園などにを導き入れて流れるようにしたもの。流水曲折にさまざまな工夫が凝らされ,また水中の底石,流れを変える横石,水越石などの配置にも独特の苦心が払われた。平安・鎌倉時代庭園では重視されたが,室町時代以降は枯山水の庭園が流行するにつれて次第に衰退した。『作庭記』に造り方が詳説されているが,それに近い構成が平泉毛越寺遺跡で発掘されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

やりみず【遣水】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

遣水
やりみず

平安時代の寝殿造(しんでんづくり)において、外から引き入れて庭園につくった流れ。当時の物語などでは、その流れを引いてつくった池泉のことも遣水とよんでいる。造園意匠としては、平安期から鎌倉期にかけて流行した、曲水(きょくすい)を稲妻形に流した流れをいうが、現存するものはほとんどなく、福岡県の太宰府(だざいふ)天満宮、同横岳崇福寺(おうがくすうふくじ)のものがあるくらいである。平安中期の作庭方法論書『作庭記』では、東より南に迎えて西へ流すのを順流とす、といっている。また、遣水にはかならず板石状の石橋を低く架けるのが普通で、これは庭園の石橋として古い例である。昭和になってから重森三玲(みれい)により、古式を踏まえた遣水が奈良・春日(かすが)大社社務所北庭、島根県・村上邸山泉居露地、山口県・漢陽寺に作庭された。

[重森完途]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

やり‐みず ‥みづ【遣水】
〘名〙
① 寝殿造で、外からひき入れて庭園に作った流れ。《季・夏》
※後撰(951‐953頃)哀傷・一四〇二「なき人の影だに見えぬやり水のそこは涙にながしてぞこし〈伊勢〉」
※徒然草(1331頃)四四「虫の音かごとがましく、遣水の音のどかなり」
② 植え込みや盆栽などに水を与えること。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遣水」の用語解説はコトバンクが提供しています。

遣水の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation