@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【シャ】

デジタル大辞泉

しゃ【遮】[漢字項目]
常用漢字] [音]シャ(呉)(漢) [訓]さえぎる
さえぎる。「遮光遮断遮蔽(しゃへい)
[難読]遮莫(さもあらばあれ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さい‐ぎ・る【遮】
〘他ラ四〙 (「さききる(先切)」の変化したもの。「さえぎる」の古形)
※書紀(720)継体二一年六月(前田本訓)「外は海路を邀(た)へて、〈略〉内は任那に遣せる毛野臣の軍を遮(サイキ)りて」
※内閣文庫本仁安元年中宮亮重家歌合(1166)「左の、月の山の端出づるより、いかにかすべき入らむ惜しさをといへる、あまりさいぎりてやあらむ」
※史記抄(1477)一一「あれが志をさいきりて、こちから云て賂を以てよろこばせて」
※米沢本沙石集(1283)五本「かかる世のためし目にさいきり耳にみてれども、思ひよりておとろく心なくして」
[語誌]→「さえぎる(遮)」の語誌

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さえ‐ぎ・る【遮】
〘他ラ五(四)〙 (「さいぎる(遮)」の変化した語)
① じゃまし、さまたげる。防ぎとめる。
※書紀(720)神武即位前(寛文版訓)「尽に属(したか)へる兵(つはもの)を起して、孔舎衛(くっさえ)の坂に徼(サヘキリ)て、与(とも)に会(あ)ひ戦(たたか)ふ」
※高野本平家(13C前)一〇「人をほろぼし、身をたすからんと思ふ悪心のみ遮(サヘギッ)て、善心はかつて発(おこ)らず」
② 先立って行なう。〔日葡辞書(1603‐04)〕
③ へだてをして見えないようにする。へだてふさぐ。古くは「眼(まなこ・め)に遮る」の形で、目の前に現われて、へだてをする、の意を表わした。
※海道記(1223頃)菊川より手越「眼に遮る者は檜原・槇の葉、老の力ここに疲れたり」
※読本・南総里見八犬伝(1814‐42)二「朦朧として女の姿、わが眼に遮(サヘギ)りにき」
[語誌](1)従来、この語の語構成を「障(さ)へ切る」と考え、歴史的仮名づかいを「さへぎる」とするものが多かったが、平安時代にはほとんど「さいきる」の形で現われ、「さへきる」となるのは鎌倉以降であるところから、サキキル→サイギル→サエギルと変化したものと考えるのが妥当である。なお、連濁をおこしていることや「名義抄」のアクセント面から考えても「障へ切る」説は成立しないとされている。
(2)この動詞の本来の意味は、進行の妨げをすることであるが、中古末には、②の相手より先に行動を起こす、先んずる、という意味用法が生じた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

遮の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation