@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

遷移金属触媒【センイキンゾクショクバイ】

化学辞典 第2版

遷移金属触媒
センイキンゾクショクバイ
transition metal catalyst

遷移金属の触媒作用を利用した触媒.遷移金属元素の単体およびそれらの酸化物,塩化物,硫化物などの化合物は,それぞれ特異な触媒作用を示す物質が多く,触媒の中心となっている.その理由としては,これらの原子またはイオンはd電子殻が不完全充填であり,単体としてもd電子帯に空孔をもっているため,一般に水素,その他の反応分子を選択的に強く吸着することがあげられる.たとえば,ニッケル,白金などは水素を容易に解離吸着し,アンモニア合成触媒として知られる鉄はさらに窒素をも解離吸着する.したがって,金属単体では不飽和化合物の水素化,脱水素触媒作用を示し,化合物では酸化,異性化,重合などの反応を選択的に促進するものが知られている.これらの金属元素はエネルギー差の比較的小さい複数の酸化状態をもつため,たとえば酸化反応では酸素の供与体として有効にはたらくことが考えられる.また,周期表8~10族元素のイオンや,これらから合成される錯体は,液相における触媒として利用されている.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遷移金属触媒」の用語解説はコトバンクが提供しています。

遷移金属触媒の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation