@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

選択科目【せんたくかもく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

選択科目
せんたくかもく
optional; elective
特に中等以上の学校教育課程において,履修者が能力適性興味などに応じて自発的に選択できる科目。社会の発展に伴って教育内容が複雑多岐になる反面,中等以上の学校への進学者が増大するにつれて,生徒の能力,適性などの程度,範囲が拡大した。そのため一定必修科目だけではその要求を満たすことができなくなり,一方,学習者の個性を尊重する教育観が普及するなど,種々の条件が重なり合うなかで次第に普及した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

せんたくかもく【選択科目】
必修科目以外に、学生・生徒が選んで履習する科目。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せんたく‐かもく ‥クヮモク【選択科目】
〘名〙 必修科目のほかに、学生・生徒が各人の個性と必要に応じて自由に選択履修することのできる科目。一定のわく内で選択する選択必修科目と、まったく自由に選択できる自由選択科目とがある。一般に中等教育の段階以上で採用されている制度。選択。
※道(1910)〈石川啄木〉「選択科目は尋常科修身の一学年から四学年までの合級授業で」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せんたく‐かもく〔‐クワモク〕【選択科目】
学生・生徒が選択して履修する科目。⇔必修科目

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

選択科目」の用語解説はコトバンクが提供しています。

選択科目の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation