@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

遺伝子頻度【いでんしひんど】

世界大百科事典 第2版

いでんしひんど【遺伝子頻度 gene frequency】
ある集団における各々の対立遺伝子の相対的頻度。例えば100個体の集団でA1とA2の二つの対立遺伝子が存在しA1A1,A1A2,A2A2の遺伝子型をもった個体がそれぞれ64,32,4個体存在した(つまりそれぞれの遺伝子型頻度が0.64,0.32,0.04)とすると,A1の遺伝子頻度は,A2の遺伝子頻度はである。交配が無作為に行われている集団で,突然変異,自然淘汰,機会的浮動などが働かなければ遺伝子頻度は一定であり,遺伝子型頻度は遺伝子頻度の二項式展開(先の例は(0.8+0.2)2=0.64+0.32+0.04)で与えられるというハーディ=ワインベルクの法則Hardy‐Weinberg’s law(1908)が成立する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

デジタル大辞泉

いでんし‐ひんど〔ヰデンシ‐〕【遺伝子頻度】
互いに繁殖可能なメンデル集団遺伝子プールにおける、各々の対立遺伝子が含まれる割合

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遺伝子頻度」の用語解説はコトバンクが提供しています。

遺伝子頻度の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation