@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

遺体【イタイ】

デジタル大辞泉

い‐たい〔ヰ‐〕【遺体】
《魂が去って遺(のこ)された身体の意》死んだ人のからだ。なきがら。遺骸(いがい)。「死体」よりも丁寧な言い方。「遺体を安置する」
《父母がこの世に遺した身体の意》自分のからだ。わが身。
「人毎に其の身あることを知りて、父母の―といふことを忘るるがなり」〈人・閑情末摘花・三〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いたい【遺体】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いたい【遺体】
死んだ人のからだ。なきがら。遺骸。 -を葬る 死体に比べて人格性をこめていう
父母の残してくれたからだ。自分の身体。 父母の-といふことを忘るるが故なり/人情本・閑情末摘花死体補説欄

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

い‐たい ヰ‥【遺体】
〘名〙
① 父母が、あとにのこした身体。すなわち、その(父母の)子。ゆいたい。
※三国伝記(1407‐46頃か)一一「緇素(しそ)誰人か親の遺体を崇め不(ざら)ん」
※寛永刊本蒙求抄(1529頃)九「身は父母の遺体也」 〔礼記‐祭義〕
② 死んだ人のからだ。なきがら。死体。遺骸。
※読本・桜姫全伝曙草紙(1805)四「狼犬の遺体(ヰタイ)を損じ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゆい‐たい【遺体】
〘名〙 父母が、あとにのこした身体。すなわち、その父母の子。いたい。
※米沢本沙石集(1283)八「このみは父母の遺躰(ユイタヒ)をうけ、又地水火風をかりに集てつくれり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遺体」の用語解説はコトバンクが提供しています。

遺体の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation