@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

遺恨【イコン】

デジタル大辞泉

い‐こん〔ヰ‐〕【遺恨】
忘れがたい深いうらみ。宿怨(しゅくえん)。「遺恨を晴らす」「遺恨試合」
残念に思うこと。
「極めたる―の事になん」〈今昔・一二・二三〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

い‐こん ヰ‥【遺恨】
〘名〙
① 残念に思うこと。思いをのこすこと。心残り。遺憾。
※田氏家集(892頃)下・春風歌「消除遺恨柳眉開」
※無名抄(1211頃)「いる日をあらふといひ、月おちかかるといへる、いみじきことばなれど、むねこしの句をばえいひかなへず遺恨の事なり」 〔陸機〕
② 恨み。忘れられない憎しみ。宿怨(しゅくえん)
※康頼宝物集(1179頃)下「年来又遺恨無して過つるに、如何に瓶の中に形好女を隠し置て」
※浄瑠璃・伽羅先代萩(1785)七「此義意恨(イコン)の元とならば、終(つい)には両家の不和となって」 〔後漢書‐王常伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遺恨」の用語解説はコトバンクが提供しています。

遺恨の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation