@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

遺愛【イアイ】

デジタル大辞泉

い‐あい〔ヰ‐〕【遺愛】
死んだ人が、生前に愛用していたもの。「亡父遺愛の万年筆」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

い‐あい ヰ‥【遺愛】
〘名〙
① 死んだ人が、生前たいせつにしていたもの。
※和漢朗詠(1018頃)下「齢(よはひ)を促(つづ)むる良木のそれ摧(くだ)けたる歎き 遺愛の甘棠の剪(き)ることなかれといふ謡(うた)〈小野美材〉」
※不如帰(1898‐99)〈徳富蘆花〉中「父が遺愛(ヰアイ)の備前兼光の一刀」
② 死んだ人が大切に思いながらこの世に残していった子。
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉二七「吾か胎内マルツラバースの遺胤あり。乃ち養ふて恩人の遺愛となさば、亦心を慰むに足らん」
③ 故人がこの世に残した仁愛の風。また、この世に残した功績。
※菅家文草(900頃)三・路遇白頭翁「已有父兄遺愛在、願因積善能治
※太平記(14C後)四〇「人皆柿本の遺愛(イアイ)を恋ふるのみならず、世挙(こぞっ)て柳営の数奇を感嘆し」 〔春秋左伝‐昭公九年〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遺愛」の用語解説はコトバンクが提供しています。

遺愛の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation