@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

遺物【いぶつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

遺物
いぶつ
remain
人間が生活して残した痕跡のうち,持運びが可能なものをいう。遺跡に持込まれた遺物のなかで,人間が加工したことが明らかなものを人工遺物といい,人間の活動や行為にかかわるが,加工のが確認できないものを自然遺物という。人工遺物は通常,材質により土器石器,金属器,骨角器,木器のように分類されるが,機能により容器農具工具のように分類されることもある。考古学は人工遺物を分析し,編年という時間と空間のものさしをつくることに研究の中心があったが,近年,自然遺物からも,生活が復元されるようになった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

い‐ぶつ〔ヰ‐〕【遺物】
遺跡から出土・発見された、過去の文化を示す物品。考古学では、遺跡のうち、生活のための道具・器具や武器・装身具など動産的要素をさす。
今に残る昔のもの。また、時代遅れのもの。「前世紀の遺物
死後に残したもの。遺品。形見。ゆいもつ。「故人の遺物を整理する」
落とし物。忘れ物。遺失物

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゆい‐もつ【遺物】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いぶつ【遺物】
過去の人間活動の所産で,動産的性格を有し,現在では本来の機能をはたしていないものをいう。遺物は通常地下に埋没しており,発掘によって遺跡から検出されるものが多い。しかし,地上で伝世されたものもある。正倉院宝物は伝世された奈良時代の重要な遺物の一群である。遺物は多く人間が自然物を加工し,あるいはそれを素材にして製作したものだが,食物残滓や運搬交易等によって遠くからもたらされた動植物鉱物など,人間活動の所産であっても,人間による加工品・製作品とはいいがたい自然の産物も含まれる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いぶつ【遺物】
過去の人類の残した物。考古学では、石器・土器・骨角器・青銅器・人骨など持ち運べる物をいい、遺跡や遺構と区別する。 前世紀の-
形見。また、教祖や聖人の遺骸や遺品。キリスト教では聖遺物せいいぶつと呼ぶ。ゆいもつ。
落とし物。遺失物。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゆいもつ【遺物】
死者ののこした物。遺品。 日葡

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

遺物
いぶつ
過去の人間の残した物的資料、または人間の活動を表す物的資料であって、その存在している場所を移しても、本来のそれ自体の価値を失わないものを遺物とよぶ。したがって、古墳の石室や窯跡(かまあと)などのような移築が可能なものでも、動かすことによって著しくその価値を損なうものは遺物とはいえない。遺物は、石器、土器、木器、金属器など材質による分類と、飲食器、武器、祭器、農工具など用途による分類、あるいは容器、利器などその機能による分類が行われている。また遺物には、直接人間の手になるものだけでなく、当時の環境を知る手だてとなる植物・動物遺体、および人間の排泄(はいせつ)物、そして人間の遺骸(いがい)自体もこれに含まれる。[植山 茂]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

い‐ぶつ ヰ‥【遺物】
〘名〙
① 死者・先人などがのこしたもの。遺品。かたみ。ゆいもつ。
※親元日記‐文明一三年(1481)一〇月二五日「父若狭守為遺物刀一腰〈国重〉進上」
※後世への最大遺物(1894)〈内村鑑三〉一「後世への最大遺物の中で」
② 忘れ物。落とし物。遺失物。〔宋史‐李穆伝〕
③ 昔のもので現在まで残っているもの。遺跡から出た大昔の品物など。また、比喩的に、時代おくれの物事をもいう。
※大森介墟古物編(1879)〈矢田部良吉訳〉総論「此僅々の遺物と雖も既に就て一旦巧拙の度を審にせば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゆい‐もつ【遺物】
〘名〙 死者などがのこした物。遺品。かたみ。いぶつ。ゆいもの。
※源平盛衰記(14C前)四一「彼御鏡は、先日御遺物(ユイモツ)を兵衛佐局に御尋ありけるに」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゆい‐もの【遺物】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遺物」の用語解説はコトバンクが提供しています。

遺物の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation