@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

遺言【いごん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

遺言
いごん
人が自分の死後,その効力を発生させる目的で,あらかじめ書き残しておく意思表示言が法律上の効果を生じるためには,民法の定める一定の方式に従ってなされることを要する(→遺言証書。960条)。遺言でなしうる行為は,認知後見人の指定,相続人廃除遺贈寄付行為,相続分(→相続)の指定,遺産分割方法の指定,そのほか法律で定められているものにかぎられ,それ以外の事項に関するものは法的効果を生じない。遺訓遺誡などの道徳的内容のものは法律上の遺言ではない。満 15歳に達し,意思能力のある者は独立して遺言をすることができる(961,962,963条)。ただし,成年被後見人(→成年後見制度)が遺言をするには医師 2人以上の立ち会いを要する(973条)。なお,遺言の内容を実現するため特別の行為が必要なときは,遺言執行者が置かれる(1006条以下)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遺言
ゆいごん
遺言」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

遺言
人は自分が死んだ時、所有する財産等をどのように処分するかを書面に書き残し、この故人意思を尊重する制度が古くからある。財産処分の自由を死後においても反映させたのが遺言で、被相続人の最終意思を確保する制度。他者による変造等を防止するために、遺言の方式は厳格に法定され、それに従っていない遺言は無効となる。特に日付は不可欠。自筆遺言、公正証書遺言が代表的な方式。遺言できる法律関係は財産上と身分上だけで、それ以外の事項、例えば「母を大切に」といった遺訓的なものは法律上の効果はない。遺言は法定相続に優先するのが原則
(吉岡寛 弁護士 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

い‐げん〔ヰ‐〕【遺言】
死にぎわに言葉を残すこと。また、その言葉。いごん。ゆいごん。
先人生前言ったこと。また、その言葉。いごん

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

い‐ごん〔ヰ‐〕【遺言】
人が、死亡後に法律上の効力を生じさせる目的で、遺贈相続分の指定、相続人廃除、認知などにつき、民法上、一定の方式に従ってする単独意思表示。→遺言証書ゆいごん(遺言)
いげん(遺言)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゆい‐ごん【遺言】
[名](スル)死後のために言い残しておくこと。また、その言葉。法律用語では「いごん」と読む。「財産の分与について遺言しておく」→いごん(遺言)1

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

遺言
自己の死亡後の財産や身分に関する事項を定める法律行為。遺言者の単独の意思表示であり、いつでも撤回でき、遺言者の死亡前には法律上の権利を生じさせない。民法の定める遺言証書には、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の三種があり、いずれも要件を具備しないと無効。特に日付は不可欠。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

世界大百科事典 第2版

ゆいごん【遺言】
〈いごん〉ともいう。自己の死亡とともに効力を発生させる目的で行う単独の意思表示のこと。
【遺言制度の歴史
 元来,人間は,その死後の身分上および財産上のことを考えて,生前に,なんらかの措置を講じておきたいと念ずるのが常である。また子孫近親が,その意思を尊重して,その意思の実現を図ることは,徳義上要請されているともいえるだろう。われわれは,そこに,遺言制度の基礎を見いだすことができる。 ところで,遺言制度の源流は,これを古代ローマに求めることができる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

いごん【遺言】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

いい‐ごん いひ‥【遺言】
〘名〙 (「ゆいごん(遺言)」の変化した語) 死後に言い残すこと。また、そのことば。いいげん。いげん。
※申楽談儀(1430)別本聞書「元清には舞ふべき由、いひごんせられしによって」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

い‐げん ヰ‥【遺言】
〘名〙
※浮世草子・真実伊勢物語(1690)三「むようのいげんを書置けると」 〔春秋左伝‐哀公三年〕
② 先人が生前言ったこと。また、その言葉。後世の人の立場からいう。
※読本・椿説弓張月(1807‐11)残「天孫氏嘗(かつて)遺言(イゲン)すらくわが国の大なる寇(あた)なり」 〔荀子‐勧学〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

い‐ごん ヰ‥【遺言】
〘名〙
② 法律で、人が、死亡後に法律上の効力を生じさせる目的で、遺贈、相続分の指定、認知などにつき、一定の方式に従って単独に行なう最終意思の表示。一般では「ゆいごん」という。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゆい‐げん【遺言】
※米沢本沙石集(1283)一〇本「遺言(ユイゲン)に、所分状は中陰過ぎて門(ひら)くべき由云ひ置きてければ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゆい‐ごん【遺言】
〘名〙
① 死後のために生前に言いのこすことば。いげん。いごん。ゆいげん。
※万葉(8C後)四・五六七・左注「望請庶弟稲公姪胡麿、欲遺言者」
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「ゆいごんし置きて、絶え入り給ひぬ」
② 自分の死後に法律上の効力を発生させる目的で、遺贈、相続分の指定、認知などにつき、一定の方式に従ってする単独の意思表示。現代の法律では習慣として「いごん」と読む。
[語誌](1)古くから現在に至るまで、呉音よみのユイゴンが使われているが、中世の辞書「運歩色葉集」「いろは字」などには呉音と漢音を組み合わせたユイゲンの形が見える。
(2)近世の文献ではユイゴンが主だが、ユイゲンも使われており、時に漢音よみのイゲンも見られる。明治時代にもこの三種併用の状態は続くが、一般にはユイゴンが用いられた。
(3)現在、法律用語として慣用されるイゴンという言い方は、最も一般的なユイゴンをもとにして、「遺書」「遺産」など、「遺」の読み方として最も普通な、漢音のイを組み合わせた形で、法律上の厳密な意味を担わせる語として明治末年ごろから使われ始めた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遺言」の用語解説はコトバンクが提供しています。

遺言の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation