@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

遼餉【りょうしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

遼餉
りょうしょう
liao-xiang; liao-hsiang
中国,末の臨時付加税の一つ。遼東方面の軍事費という意味である。万暦 44 (1616) 年満州でヌルハチ (奴児哈赤)が後金国を建て,遼東に勢力を伸ばすと,明ではその防衛のために巨額の軍事費を必要とするにいたった。そこで明では臨時の付加税として遼餉を徴収した。同 46年に田地1畝につき銀3厘5毛というで徴収したが,のち漸増し年額 520万両を得るにいたった。最初遼餉は臨時税であったが,明の滅亡まで廃止されず農民を苦しめた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りょうしょう【遼餉】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

遼餉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

遼餉の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation