@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

避暑山荘【ひしょさんそう】

世界大百科事典 第2版

ひしょさんそう【避暑山荘 Bì shǔ shān zhūang】
中国,河北省承徳市にある清朝離宮。〈へきしょさんそう〉ともいう。かつては熱河行宮とも呼んだ。清の1701年(康熙40)に創建,乾隆年間に大規模な拡張工事が行われ,90年(乾隆55)に完成した。清朝皇帝の避暑の離宮と同時に政治執務の行宮でもあった。宮殿苑囿の二つの部分からなり,総面積56万m2,周囲10kmを石積み宮牆で囲む。澹泊敬誠殿を正殿とする宮殿が南端にあり,東南には湖池が多く,金山,煙雨楼,水心榭など江南の風景を再現した殿閣が立ち並ぶ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

へきしょさんそう【避暑山荘】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

避暑山荘」の用語解説はコトバンクが提供しています。

避暑山荘の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation