@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

還魂記【かんこんき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

還魂記
かんこんき
Huan-hun-ji
中国,戯曲湯顕祖の作。正しくは『牡丹亭還魂記』。万暦 26 (1598) 年完成。南安太守の娘の杜麗娘が花園でまどろむうちに,夢でを手に持つ青年契り,さめてのち恋の病にかかって,その青年の面影を宿す梅の大樹のもとに葬るように遺言して死ぬ。一方,科挙におもむく途中,病気で南安に滞在する柳夢梅は,夢に現れた麗娘の願いでそのをあばき,愛の力によってよみがえった麗娘と出会い,その後麗娘の両親の反対を乗越えて結ばれる。洗練された表現と緊密な構成をもつ明代戯曲の代表作。偽善的な礼教のきびしい束縛を,死をかけた愛によって打ち破った麗娘の積極的な生き方は,当時の女性層に大きな衝撃を与えたといわれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かんこんき〔クワンコンキ〕【還魂記】
中国、明代の戯曲。55幕。湯顕祖(とうけんそ)作。1598年刊。青年の柳夢梅と美女の杜麗娘(とれいじょう)の恋愛の成就を、現世冥界とを舞台に描いたもの。恋愛至上主義をうたった、明曲の代表作。牡丹亭(ぼたんてい)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

還魂記
かんこんき

中国、明(みん)代の戯曲。55齣(せき)(幕)。湯顕祖(とうけんそ)の作。一名「牡丹亭(ぼたんてい)」。杜麗娘(とれいじょう)が夢のなかで青年柳夢梅(りゅうむばい)と出会い、花園の牡丹亭で契りを交わす。また柳夢梅も麗娘を夢にみて、慕わしく思うが、現実には会えないままに、麗娘は恋煩いのあげく他界する。しかし思慕の情は変わらず、亡魂が夢梅のもとに通い続け、ついに墓中より回生することができて、現世でめでたく夫婦になる、というのが大筋。湯顕祖は羅汝芳(らじょほう)や李贄(りし)から強い影響を受け、人間の真実の姿、男女の愛情を強調しようとしたが、未婚の男女の私通を正当化するのは、社会の倫理道徳の通念に反することであるので、まず夢のなかの場面を設定し、2人の幸福が現世で実現することを観客が期待するよう巧みに筋を運ぶ。夢と現実、幽界と明界との交錯した構成をとり、これを典雅で美麗な文字で綴(つづ)った。恋愛至上主義の文学というべく、青年男女の喝采(かっさい)を浴び、明代戯曲の最高傑作に推されている。

[岩城秀夫]

『岩城秀夫訳『還魂記』(『中国古典文学大系53 戯曲集 下』所収・1971・平凡社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かんごんき クヮンゴンキ【還魂記】
中国、明代の戯曲。五五齣(せき)。湯顕祖の作。一五九八年刊。正しくは「牡丹亭還魂記」といい、また「牡丹亭」とも略称する。南安太守の娘が、夢にみた書生の面影を慕って悶死。書生が三年後、娘の魂のささやきを聞いて墓を開くと、娘は生き返って二人は結ばれるという筋。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

還魂記」の用語解説はコトバンクが提供しています。

還魂記の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation