@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

邑久【おく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

邑久
おく
岡山県南東部,瀬戸内市中部の旧町域。岡山平野の東部から瀬戸内海岸にかけて広がる。 1952年邑久村,福田村,今城 (いまぎ) 村,本庄村,豊原村,笠加 (かさか) 村の6村が合体して町制。 1954年玉津村,1958年裳掛 (もかけ) 村を編入。 2004年牛窓町,長船町と合体して瀬戸内市となった。西部では吉井川下流の沖積平野に古くから農村が開け,尾張門田貝塚 (国指定史跡) には,条里制の地割に沿った方形の水路網が現存する。東部の虫明岡山藩家老伊木氏の陣屋が置かれ,朝鮮からの使節が寄港したことから韓泊 (からどまり) といわれた。県下有数の穀倉地帯であるほか,カキの養殖も盛ん。本庄には竹久夢二生家,夢二郷土美術館がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

邑久
おく

岡山県南東部、邑久郡にあった旧町名(邑久町(ちょう))。現在は瀬戸内市(せとうちし)の一地区。1952年(昭和27)邑久、福田、今城(いまぎ)、豊原(とよはら)、本庄(ほんじょう)、笠加(かさか)の6村が合併して町制施行。1954年玉津村、1958年裳掛(もかけ)村を編入。2004年(平成16)牛窓(うしまど)町、長船(おさふね)町と合併、市制施行して瀬戸内市となる。名称は、古来の邑久(おほく)郡の中心にあることによる。旧町域は、岡山平野の東部、千町(せんちょう)平野の大部分と、牛窓の北側から瀬戸内海の長島に至る丘陵地を占める。JR赤穂(あこう)線が西部を通り、岡山ブルーライン(県道寒河本庄岡山線)が東西に横断し、虫明(むしあげ)、邑久などのインターチェンジがある。千町平野は条里地帯で坪名が残存している。邑久から牛窓、長船、備前(びぜん)市にかけて、古墳時代後半から平安時代末期に至る須恵器(すえき)の窯(かま)跡群があり、邑久窯跡群と称される。門田貝塚は弥生(やよい)時代の貝塚を伴う集落遺跡で国指定史跡。町の中心集落尾張(おわり)は『和名抄(わみょうしょう)』に尾張郷としてみえ、中世には尾張保(おわりのほ)となった。現在は小市街地を形成し、邑久郷土資料館がある。千町平野は穀倉地帯であるが、東部の丘陵地は溜池灌漑(ためいけかんがい)地帯。尻海(しりみ)は海運業で栄えたが干拓化され、虫明は岡山藩家老伊木家の陣屋町で虫明焼の伝統がある。餘慶(よけい)寺の本堂、木造薬師如来(やくしにょらい)坐像、木造聖観音(しょうかんのん)立像、豊原北島神社の色々威甲冑(いろいろおどしかっちゅう)は国指定重要文化財。本庄地区には竹久夢二(たけひさゆめじ)の生家があり、夢二郷土美術館分館(アトリエを復原した少年山荘も併設)となっている。長島とは1988年(昭和63)に架橋された邑久長島大橋で結ばれ、同島には国立ハンセン病療養所(長島愛生(あいせい)園、邑久光明(こうみょう)園)、看護学校がある。

[由比浜省吾]

『『邑久町史』(1972・邑久町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おく【邑久】
岡山県の南東部にあった郡。瀬戸内市と岡山・備前両市の一部にあたる地域。
[補注]「二十巻本和名抄‐五」には「備前国 〈略〉邑久〈於保久〉」とある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

邑久」の用語解説はコトバンクが提供しています。

邑久の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation