@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

那岐山【なぎさん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

那岐山
なぎさん
中国山地の東部,岡山県奈義町と鳥取県智頭町とのにある山。標高 1240m。山体はおもに花崗岩から成り,南側は那岐山断層崖で,急傾斜となって津山盆地に面する。崖下は広大な扇状地性の日本原が展開。南麓菩提寺法然上人が幼時育てられたところで,天然記念物の大イチョウがある。氷ノ山後山那岐山国定公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

なぎ‐さん【那岐山】
岡山県・鳥取県の県境にある山。中国山地主峰の一。標高1255メートル。津山盆地北部に位置する。山頂からは、北は日本海・大山(だいせん)鳥取砂丘、南は瀬戸内海が眺望できる。南東麓にある菩提寺は、比叡(ひえい)山に登るまでの4年間法然上人が修行した寺。古来から信仰の対象となっており、山名由来伊弉諾尊(いざなぎのみこと)にちなむといわれる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

なぎさん【那岐山】
岡山県勝田郡奈義(なぎ)町と鳥取県八頭(やず)郡智頭(ちず)町の境にある山。〈なぎせん〉とも呼ぶ。氷ノ山(ひようのせん)後山那岐山国定公園に属する。標高1240mで,中国山地の他の山頂と同じく,頂上に高位浸食平たん面の遺物を残す。南の津山盆地側は那岐山断層崖で急落し,その下に第四紀更新世に形成された広大な日本原台地が広がる。頂上付近にブナ林タニウツギレンゲツツジなどの高山性低木が茂り,中腹シャクナゲの大群落も美しい。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

那岐山
なぎさん

岡山県勝田郡奈義(なぎ)町と鳥取県八頭(やず)郡智頭(ちず)町の境にある山。中国山地の主峰の一つで、標高1240メートル。古生層、流紋岩、安山岩からなる。津山盆地の北部にあり、氷ノ山後山(ひょうのせんうしろやま)那岐山国定公園の一部。中腹には蛇淵の滝、滝山の滝などがあり、シャクナゲの群落のほか、アセビ、ベニドウダンなどがみられる。登山コースはJR津山線津山駅から高円(こうえん)までバス、そこから約3時間30分の行程である。

[由比浜省吾]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

那岐山
(岡山県勝田郡奈義町)
おかやまの自然百選指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

那岐山」の用語解説はコトバンクが提供しています。

那岐山の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation