@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

那須小川古墳群【なすおがわこふんぐん】

国指定史跡ガイド

なすおがわこふんぐん【那須小川古墳群】

栃木県那須郡那珂川(なかがわ)町にある古墳群。指定名称は「那須小川古墳群 駒形大塚古墳(こまがたおおつかこふん) 吉田温泉神社古墳群(よしだゆぜんじんじゃこふんぐん) 那須八幡塚古墳群(なすはちまんづかこふんぐん)」。権津(ごんづ)川流域に分布する古墳群で、古墳時代前期(約1700~1600年前)に造営され、小川にある駒形大塚古墳、吉田にある吉田温泉神社古墳、吉田にある那須八幡塚古墳の3基の前方後方墳と21基の方墳からなる。発掘調査によって、駒形大塚古墳から画文帯四獣鏡、那須八幡塚古墳からは夔鳳鏡(きほうきょう)と2面の中国鏡をはじめ、鉄製品などの豊富な副葬品が出土している。吉田温泉神社古墳では古墳に隣接する同時期の竪穴(たてあな)状遺構が確認された。死から埋葬までの最後の別れの場であるモガリや古墳の造営・管理などにともなう施設と考えられ、古墳とともにきわめて重要な発見といわれている。駒形大塚古墳は1979年(昭和54)に国の史跡指定を受けていたが、2002年(平成14)、旧小川町のときに吉田温泉神社古墳群那須八幡塚古墳群とあわせて、那須小川古墳群として国指定史跡になった。JR東北新幹線ほか宇都宮駅から車で約1時間30分。

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

那須小川古墳群」の用語解説はコトバンクが提供しています。

那須小川古墳群の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation