@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

邪鬼【ジャキ】

デジタル大辞泉

じゃ‐き【邪鬼】
たたりをする神。また、物の怪(け)。怨霊(おんりょう)。
四天王像に踏まれている。仏法を犯す邪神として懲らしめられ、苦悶の表情をみせる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じゃき【邪鬼】
祟りをする神,物の(もののけ)などを総称していうが,仏像に関しては仁王像や四天王像の足の下に踏まれている小型の鬼類をさす。毘沙門天(四天王の多聞天)の足下にいる鬼を特に天邪鬼(あまのじやく)と呼ぶというがある。〈天鬼〉は毘沙門天像のに付けられた鬼面の名称であることが室町時代の《壒囊鈔あいのうしよう)》に記されており,当初は鬼面の名称であったが後に足下の鬼をも意味するようになったと考えられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

じゃ‐き【邪鬼】
〘名〙 祟(たた)りをする神。また、物の怪(け)。怨霊(おんりょう)
※菅家文草(900頃)四・仁和四年、自春不雨。府之少北、有一蓮池「毒龍貪惜神通水、邪鬼呵留智慧泉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

邪鬼」の用語解説はコトバンクが提供しています。

邪鬼の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation