@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【えい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


えい
Ying
中国,春秋時代の都。現在のフーペイ (湖北) 省チヤンリン (江陵) 県の北部にあたり,紀南城と呼ばれる遺址がその名残りをとどめている。楚の都はのちえんに移ったが,この地もえん郢と呼ばれた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

えい【郢】
中国、春秋時代楚(そ)の国の都。現在の湖北省江陵県北部にあったと伝えられるが、楚はどこへ遷都してもそこを郢とよんだともいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えい【郢 Yǐng】
中国,春秋戦国時代の楚の都。文王(在位,前689‐前677)が現在の湖北省江陵県の北にはじめて郢の都をおいたといわれる。春秋侵入に備えて鄀(じやく)(湖北省宜城県北東)に遷都した一時期を除き戦国までつづく。しかし戦国も末になるとに攻められて前278年には陳(河南省淮陽県)に,前253年には鉅陽(きよよう)(安徽省阜陽県北西),前241年には寿春(安徽省寿県)に都を移したが,前223年ついに秦に滅ぼされた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

えい【郢】
中国、春秋戦国時代の楚の都の名。春秋初期に湖北省江陵県(荊州けいしゆう)にあった。楚は、鄀じやく・陳ちん・寿春に遷都したが、そのいずれをも郢と呼んだ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

郢の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation