@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

部分均衡【ぶぶんきんこう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

部分均衡
ぶぶんきんこう
partial equilibrium
経済用語。「他の事情にして等しければ」という条件のもとで,当該の価格にのみ依存する需給均衡。財の需給均衡分析は,ワルラス流の一般均衡分析とマーシャル流の部分均衡分析に大別される。経済変数が少いため部分均衡は実用性・操作性にすぐれているが,一般均衡の特殊ケースとして一般性が低いとされる。この概念は,ケンブリッジ学派によって積極的に用いられた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ぶぶんきんこう【部分均衡】
すべての市場ではなく、その一部の市場においてのみ需要と供給の均衡が成立している状態。 → 一般均衡

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

部分均衡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

部分均衡の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation