@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

部落解放運動【ぶらくかいほううんどう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

部落解放運動
ぶらくかいほううんどう
差別部落の人々が受けている政治的,経済的,社会的,文化的差別を撤廃し,近代的な市民的権利を獲得するとともに,部落を完全解放するための運動歴史的には,幕藩体制の身分制度のもとで「穢多」「非人」という最下層身分に固定化された人々が,著しい非人間的差別を受けたことに発する。明治以後,形式的な身分制の撤廃はあったものの,現実には部落民に対する居住,職業,結婚など実生活上の社会的差別が行われていた。こうした差別に対する部落民の自主的な解放へのたたかいは,明治末期から全国的に進められ,1922年には全国水平社結成された。 33年高松地方裁判所の差別判決 (部落民に対する結婚差別) の判決取消闘争では,生活権奪還,身分差別撤廃を掲げ,政府に対する差別糾弾を行い,運動を大きく前進させた。日中戦争の開始から第2次世界大戦終結までは運動の高揚をみるにいたらなかったが,戦後,水平社運動の成果を継承して 46年に部落解放全国委員会が発足,政治的,経済的身分差別の撤廃を目標として闘われるようになった。 55年部落解放同盟改称,各種革新団体との共闘を実現し,69年には同和対策事業特別措置法の制定を実現させた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぶらくかいほう‐うんどう〔ブラクカイハウ‐〕【部落解放運動】
被差別部落の人々に対する社会的差別を撤廃することを目的とする社会運動。大正11年(1922)創立の水平社中心として展開されてきた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぶらくかいほううんどう【部落解放運動】
被差別部落(同和地区)およびその出身者に対する差別の撤廃(部落問題解決)すなわち被差別部落の完全解放をめざす自主的・大衆的な社会運動。その本格的な展開は1922年(大正11)に全国水平社(水平社)が創立されてからであるが,それ以前にも部落差別の解消・撤廃を求める動きはあった。解放運動の歩みと密接な関係をもつ被差別部落の全体的な歴史については〈被差別部落〉の項目を参照されたい。ここでは,おもに近代以降における部落解放運動の歴史を述べる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぶらくかいほううんどう【部落解放運動】
被差別部落出身者に対する社会的差別の解消を目指す社会運動。1922年(大正11)水平社の結成により全国的な運動に発展。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぶらくかいほう‐うんどう ブラクカイハウ‥【部落解放運動】
〘名〙 被差別部落出身の人々に対するさまざまな社会的差別・人権侵害に対して、その解消を目指し、基本的人権の回復と確立を求める社会運動。大正一一年(一九二二)、水平社の結成により全国運動に発展。第二次世界大戦後の部落解放全国委員会、部落解放同盟などを通じて推進されてきた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

部落解放運動
ぶらくかいほううんどう
明治時代から現在に至る被差別部落の解放運動
幕藩体制下で最下層の賤民(穢多・非人)として極度の差別と抑圧のもとにあえいでいた被差別部落の人びとは,1871年の解放令で制度上は解放されたが,社会的・経済的・身分的差別はなくならなかった。大正デモクラシーの発展に伴い,1922年全国水平社が結成され,人間の尊厳と平等・自由を掲げ,一切の抑圧や差別と闘い,すべての人間解放をめざす決意表明。社会運動とも結合し'25年第4回大会以後次第に無産運動や社会主義運動と連携し全国的統一組織として成長。第二次世界大戦後,'46年部落解放全国委員会が発足し運動を推進。'55年部落解放同盟と改組。'60年以降独占資本を差別の元凶とし,平和・独立・民主主義を実現する運動を進めたが,内部で対立がおこり,反主流派は'70年に部落解放同盟正常化全国連絡会議を結成,のち全国部落解放運動連合会に改組。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

部落解放運動
ぶらくかいほううんどう

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

部落解放運動」の用語解説はコトバンクが提供しています。

部落解放運動の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation