@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

郭子興【かくしこう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

郭子興
かくしこう
Guo Zi-xing; Kuo Tzǔ-hsing
[生]?
[没]至正15(1355)
中国,元末の紅巾軍の一部将。定遠 (安徽省) の人。父郭公は曹州 (山東) より移住した占い師,母は富人の娘であったが盲人,子興はその次男親分肌で,日頃から私財を投じて賓客壮士と交わりを結んでいた。元末,紅巾軍が蜂起すると,至正 12 (1352) 年これに呼応して,壮士数千人を集めて起兵し,濠州 (安徽) を占拠して元軍を退け,元帥と称した。明の太祖朱元璋 (→洪武帝 ) は彼の部下として頭角を現し,その養女 (馬公女) を妻とした。子興は璋州 (安徽) の陣中で病し,太祖から 滁陽王を贈られた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かくしこう【郭子興】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

郭子興
かくしこう
(?―1355)
中国、元末群雄の一人。定遠(ていえん)(安徽(あんき)省)の人。若いころから遊侠(ゆうきょう)の徒と交わっていたが、1352年紅巾(こうきん)の徒として挙兵し、濠州(ごうしゅう)(安徽省)を奪って元帥を称した。このとき朱元璋(しゅげんしょう)(のち明(みん)の太祖)が彼の軍に参加し、しばしば戦功をたて、彼の娘を妻(のちの馬(ば)皇后)とした。彼は朱元璋の協力を得てたびたび元軍を破ったが、同志の間に内紛が絶えず、やがて病を得て没した。1370年に(ちょよう)王を贈られた。[谷口規矩雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

郭子興」の用語解説はコトバンクが提供しています。

郭子興の関連情報

関連キーワード

カール[4世]ホーコン6世ドゥシャンネマニッチ朝グアテマラ共和国薩都剌シトゥルブスケープレソ足利直冬足利義詮石塔義房

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation