@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

郭守敬【かくしゅけい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

郭守敬
かくしゅけい
Kuo Shou-ching
[生]元,太宗3(1231)
[没]延祐3(1316)
中国,元の科学者。は若思。劉秉忠 (りゅうへいちゅう) の門に入って学ぶ。水利と器巧に秀で,水利工事を多く行い,至元8 (1271) 年都水監に進む。同 13年以後王恂 (おうじゅん) らとともに改暦事業に従事,特に天文儀器の設計と観測を行い,授時暦を完成。『授時経』 (3巻) ,『立成』 (2巻) ,『転神選択』 (2巻) ,『上中下三暦注式』 (12巻) ,『暦議擬しょう』 (3巻) を上進した。なお授時暦は,当時入ってきたイスラム系天文,暦法の影響,刺激のもとに作成されたのである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かく‐しゅけい〔クワク‐〕【郭守敬】
[1231~1316]中国、の科学者。順徳邢台河北省)の人。字(あざな)は若思。算術・水利に精通し、各地の水利事業に従事。天文観測器を考案・製作して観測を行い、新暦編纂に加わり、授時暦を完成させた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かくしゅけい【郭守敬 Guō Shŏu jìng】
1231‐1316
中国,元代の天文学者,数学者,水利技術者。字は若思,順徳(河北省)邢台の出身。早くから天文暦学,水利の学を学び,また世祖フビライの謀臣の劉秉忠(りゆうへいちゆう)に学んで,元朝に仕え,華北の水利事業に参加した。1276年(至元13)改暦の命令が下り,許衡,太史令(国立天文台長)の王恂,楊恭懿(ようきようい)らとともに新暦作成の研究に従った。王恂は理論計算を行い,彼は観測儀器の製作と観測に従事し,天文台を建てた(観星台。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かくしゅけい【郭守敬】
1231~1316 中国、元の天文学者・数学者。自ら考案した観測器械による実測に基づいて、中国の暦法上最も正確な暦「授時暦」を作る。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

郭守敬
かくしゅけい
(1231―1316)
中国、元代に活躍した天文学者、儀器製作者、水利家。順徳(けいだい)(現、河北(かほく/ホーペイ)台県)に生まれ、祖父の郭栄(生没年不詳)から水利技術、天文学、数学の手ほどきを受け、蒙古(もうこ)帝国(1271年より国号を元とする)の世祖フビライ・ハンの謀臣で郭栄と親しかった劉秉中(りゅうへいちゅう)(1216―1274)の門下に入って、張文謙(1216ごろ~1283ごろ)や王恂(おうじゅん)(1235―1281)らと知り合った。1262年より世祖に仕え、治水事業に携わって功績をあげ、黄河の源流の調査や、大都(現、北京(ペキン))―開封(かいほう)間に沿った海抜高度の初の測定も行った。
 1276年、元が宋(そう)を滅ぼすと、張文謙の統轄の下で改暦事業が始まり、王恂の推挙でこれに加わった。新設の太史院では王恂が太史令、郭守敬は同知太史院事となって事にあたり、簡儀、高表などの観測器の開発・製作と、冬至の日時の確定、各地の緯度の測定、星の位置観測などの実際観測を担当した。新暦は1280年に編纂(へんさん)が終わり授時暦(じゅじれき)と命名され、翌1281年から頒行されたが、なお暦表などが未完成のまま1282年に王恂が死去したため、太史令を継いで定稿を完成した。授時暦は王恂による創意ある計算法と郭守敬による精密な観測に基づいており、中国でつくられたもっとも優秀な暦とされる。その形式は中国暦学の伝統のうえにたつもので、当時すでに中国に伝わっていたイスラム天文学の直接の影響はないが、彼の製作した観測器にはその影響がみられる。
 晩年は都水監を兼任してふたたび水利事業にも携わり、1293年には大都を通る大運河(白浮堰(はくふえん)と通恵河)を完成させた。[宮島一彦]
『藪内清著『中国の天文暦法』(1969/増補改訂版・1990・平凡社) ▽山田慶児著『授時暦の道 中国中世の科学と国家』(1980・みすず書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かく‐しゅけい クヮク‥【郭守敬】
中国、元代の科学者。字(あざな)は若思。世祖フビライに仕え、水利、土木の事業に功績を上げる。のち、従来の「大明暦」にかわる、中国暦法史上画期的な新暦「授時暦」を作製した。(一二三一‐一三一六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

郭守敬」の用語解説はコトバンクが提供しています。

郭守敬の関連情報

関連キーワード

仏祖サンアントニオ聖堂一角眼目真個・真箇単伝

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation