@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

郷に入っては郷に従う【ごうにいってはごうにしたがう】

大辞林 第三版

ごうにいってはごうにしたがう【郷に入っては郷に従う】
童子教郷而随郷、入俗而随より
新しい土地に来たら、その土地の風俗・習慣に従うのが処世の法である。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ごう【郷】 に 入(い)っては郷(ごう)に従(したが)
その住むところの風俗や習慣に従うのが処世の法である。郷に居ては郷に従う。〔童子教(13C後‐14C初か)〕
※滑稽本・浮世床(1813‐23)初「夷狄に素しては夷狄を行ひ、郷(カウ)に入(イッ)ては郷(ガウ)にしたがふだ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

郷に入っては郷に従う」の用語解説はコトバンクが提供しています。

郷に入っては郷に従うの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation