@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

郷倉【ごうぐら】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

郷倉
ごうぐら
郷蔵」とも書く。江戸時代,農村に設置された公共の貯穀倉庫。本来は年貢米の一時的保管倉庫であったが,中期以降は,凶作飢饉にそなえる備荒貯穀用として利用,のちには貸出しも行われた。倉の建物は有,官有などがあって一定しないが,敷地は免税地で,普通村役人が管理した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ごう‐ぐら〔ガウ‐〕【郷倉/郷蔵】
江戸時代、郷村などで、年貢米を上納するまで貯蔵し、また凶作に備えて穀類を保存した共同倉庫。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ごうぐら【郷倉】
近世日本の村に設けられた公的な倉庫。数ヵ村で共同のものを設けることもあり,また郷倉を設けぬ村もあった。はじめは年貢として領主に上納する米その他の生産物を村から送り出すまで,一時的に保管する目的で設置した。建築費,修繕費は領主が負担することになっていた。年貢米を保管中は村で郷蔵番を設け,村民が交代で昼夜その役を務めた。年貢を保管中火災にあったときには,領主が正式に受取りの封印をした後であるなら,領主の損失であったが,それ以前のとき,あるいは番人の怠慢,村の防火施策が不十分であったときなどは村が弁償することになっていた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

郷倉
ごうぐら
郷蔵とも書き、社倉(しゃそう)、義倉(ぎそう)ともいう。江戸時代、各村々、あるいは数か村に1か所設けられた米穀の収蔵倉をいう。建物は村有または官有、敷地は除地(じょち)として課税を免除されていた。設置の目的は、年貢米の保管または備荒(びこう)貯蓄のためであった。場合によっては両者を兼ねた例もある。当時、年貢は分納されていたので、これを収蔵するところがぜひ必要であったし、城下から離れた村では、そこへ運ぶ前に年貢米を一時保管しておくことも必要であった。この場合、村々では郷倉番人を置いて厳重に保管した。他方、凶作に備えて村々では、米、雑穀類を平常から農民の分限に応じて集めておき、非常用として郷倉に保管し、窮民の救済にあてた。その多くは領主による勧農政策の一環として設置された場合が多い。[吉永 昭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

郷倉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

郷倉の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation