@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

郷戸・房戸【ごうこ・ぼうこ】

旺文社日本史事典 三訂版

郷戸・房戸
ごうこ・ぼうこ
律令制下の地方行政の末端組織
律令の戸で,戸が50戸集まって1里(のち郷)となるので,郷戸という。班田収授・租税徴収などの基本単位である。郷戸は平均20〜30人よりなり,大きなものは100名をこえ,非血縁寄口 (きこう) や奴婢 (ぬひ) も含まれていた。その中には10人前後の血縁からなる小家族を数戸含んでいることもあり,これを房戸という。生活の基本体は房戸であったとするが有力である。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

郷戸・房戸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

郷戸・房戸の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation