@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

郷戸【ごうこ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

郷戸
ごうこ
古代の社会構成単位令制では 50を1 () とし,行政組織上の末端にあり,租税負担の単位であった。規模は,戸主以下数人から 100人以上にも及ぶものがある。郷戸は戸主の単なる血縁者だけの集団ではなく,これに寄口の家族,家人,奴などの非血縁者を含む大家族の場合が多い。この大家族のなかには房戸 (ぼうこ) といって血縁関係の強い 10人前後の小家族が含まれており,奈良時代の中頃からこれが賦課の単位となったというもある。平安時代中期以後は,郷戸の実体は失われた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ごう‐こ〔ガウ‐〕【郷戸】
律令制の行政区画で、を構成する戸。50戸を1里(郷)とし、班田収授や調などの賦課はこの区画を単位とした。→郷里制

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ごうこ【郷戸】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

郷戸
ごうこ

律令(りつりょう)支配の末端組織である戸。50戸をもって里(り)(のち郷)を構成するので郷戸とよぶ。戸籍・計帳上の単位で、1戸は10人前後から100人以上にも及び、夫婦、親子のほか寄口(きこう)、奴婢(ぬひ)なども含む。50戸1里制は7世紀末期から9世紀末ころまで行われたが、その間715年(霊亀1)から740年(天平12)までの時期には、郷里制施行に伴って、郷戸の下に2~3の房戸(1戸10人前後)を分かつ房戸制が施行された。

[鬼頭清明]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ごう‐こ ガウ‥【郷戸】
〘名〙 令制で五〇戸を一里(一郷)とした場合に、里(郷)を構成する戸。いくつもの小家族を含み、平均二〇人以上の大家族。→房戸(ぼうこ)
※正倉院文書‐養老五年(721)下総国葛飾郡大嶋郷戸籍「郷戸合五拾〈里三〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

郷戸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

郷戸の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation