@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

郷義弘【ごうのよしひろ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

郷義弘
ごうのよしひろ
鎌倉時代末期の刀工。通称右馬允。越中国松倉城主桃井氏の家臣であったが,鍛刀を好み鎌倉に出て正宗 (岡崎正宗) に師事し,その秘法を修得した。正宗,吉光 (→粟田口吉光 ) と並び称される名工。作刀は室町時代以降の武将に愛好された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ごう‐よしひろ〔ガウ‐〕【郷義弘】
鎌倉末期の刀工。越中の人。義広とも記す。通称、右馬允。正宗十哲の一。吉光正宗と並び、三作と称される。生没年未詳。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

郷義弘 ごう-よしひろ
?-? 鎌倉時代の刀工。
越中(富山県)松倉にすんだため郷(江とも)とよばれる。相模(さがみ)(神奈川県)の正宗(まさむね)にまなんだといわれ,江戸時代に正宗,吉光とならび三作と称された。現存する在銘作はなく,いずれも後世に鑑定されたものである。作品に「富田江」「稲葉江」(ともに国宝)。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版

ごうよしひろ【郷義弘】
鎌倉末期の刀工。正宗十哲の一人と伝え、江戸時代、吉光・正宗と並び三作と呼ばれたが、在銘刀は一振りもない。生没年未詳。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

郷義弘
ごうのよしひろ
生没年不詳。鎌倉末期の刀匠。相州正宗(まさむね)の門人と伝えられる。越中(えっちゅう)国(富山県)松倉郷の住人であるところから、世に松倉郷、あるいは郷とよばれる。「郷」と同音であるところから室町末期ごろから「江」と書かれる(ただし、義弘は大江氏の一族であるので江と書くとの説もある)。現存する有銘作はなく年紀もないが、作風からみて時代はそのころと認められ、技量は地鉄のよさにおいて正宗門人中の第一にあげられる。『享保名物牒(きょうほうめいぶつちょう)』にある稲葉江、富田江は現在国宝であり、重要文化財には桑名江、松井江、五月雨(さみだれ)江、村雲江、豊前(ぶぜん)江などがある。[小笠原信夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ごう‐よしひろ【郷義弘】
鎌倉末期の刀工。初名義広。通称右馬允。越中の人。五郎正宗に師事。その刀剣は、吉光、正宗とならび、三作として賞された。正安元~正中二年(一二九九‐一三二五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

郷義弘」の用語解説はコトバンクが提供しています。

郷義弘の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation