@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

郷長【ごうちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

郷長
ごうちょう
令制下,郡司の指揮下にあって,1戸口検校,農業の奨励非違の禁察,賦役の催駆などを職務としたもの。霊亀1 (715) 年に,と改められ,令制の里長が郷長と呼ばれるにいたった。郷長には,原則として清正強幹な一般公民の無位があてられ,有位者の場合は八位以下に限って認められた。その報酬としては雑徭と庸役が免じられた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ごう‐ちょう〔ガウチヤウ〕【郷長】
律令制で、一郷を管理する長。郷里制施行前の里長にあたる。郷司さとおさ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ごうちょう【郷長】
古代日本において郡の下におかれたのおさ。郷は〈さと〉ともいい令の規定では里であり,戸令には〈凡そ戸は五十戸を以て里とせよ。里毎に長一人を置け〉とある。715年(霊亀1),式により里は郷と改称された。それにともない里長もまた郷長と改められた。里=郷は50戸よりなることから,〈五十戸長〉と書いて〈さとおさ〉とするがあり,また7世紀末と思われる事例では〈五十戸造〉のを有する者がある。おそらく〈さとのみやつこ〉と読み,里長の前身にあたるものではなかったかと思われる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ごうちょう【郷長】
律令制で、郡司の下にあって郷を管理した者。715年の郷里制施行によって、従来の里長が改称されたもの。郷司。さとおさ。 → 里長

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ごう‐ちょう ガウチャウ【郷長】
〘名〙
① 令制で、郷内の行政事務を担当した官人。当初五〇戸を一里とし里正を置いたが、霊亀元年(七一五)頃に里を改め郷とし(出雲風土記)、これを管轄する官人をいう。〔正倉院文書‐養老五年(721)下総国葛飾郡大嶋郷戸籍〕
② 村長。むらおさ。
※公議所日誌‐一四下・明治二年(1869)五月「守府は守介等、郡は領主政の類を立て、下に郷長村正を置くべし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

郷長
ごうちょう

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

郷長」の用語解説はコトバンクが提供しています。

郷長の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation