@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

都市自治体法【としじちたいほう】

世界大百科事典 第2版

としじちたいほう【都市自治体法 Municipal Corporation Acts】
19世紀のイギリスにおける都市行政の改革立法をいう。とくに中世来の都市行政を大きく改革した1835年の法律が有名である。19世紀にいたるまでのイギリスの都市自治体は,少数の自由民freemenだけに自治体構成員の特権を限定し,市長,特別参事会員aldermen,一般参事会員common councilmen,治安判事等の役職を,その自由民中の有力者で独占するという,閉鎖的な寡頭支配体制であった。しかし,1835年の都市自治体法は,178の旧都市自治体を廃止して,そのすべてに市参事会town councilを創設し,これを市政の中心機関とした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

都市自治体法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

都市自治体法の関連情報

関連キーワード

ゴーゴリバルザックポー(Edgar Allan Poe)フランツゴーゴリシャノアーヌズーフトムソンビーダーブラント

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation