@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

都市銀行【としぎんこう】

デジタル大辞泉

とし‐ぎんこう〔‐ギンカウ〕【都市銀行】
主として大都市に営業基盤を置き、多数の支店をもつ全国的な規模の普通銀行市中銀行都銀。→地方銀行

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

外国為替用語集

都市銀行
東京や大阪などの大都市に本店を置き、全国規模の業務展開をしている普通銀行。短期融資を中心に行う銀行で、預金者からお金を預かり、それを企業などに貸付けることで利益を出す。

出典:(株)マネーパートナーズ

世界大百科事典 第2版

としぎんこう【都市銀行】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

都市銀行
としぎんこう
普通銀行のうち大都市に本拠地を置き,支店網を全国的に展開し,広域的な営業基盤をもつ銀行。2018年現在,金融庁みずほ銀行三井住友銀行三菱UFJ銀行りそな銀行の 4行を都市銀行に分類している。(→地方銀行

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

都市銀行
としぎんこう

銀行本体の設立根拠が国内法に準拠する普通銀行を国内銀行とよび、そのなかでも俗に大手行(メガバンク)とよばれる国内銀行の通称。みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行の5行(2020年3月時点)が、都市銀行(略称、都銀)とよばれることが多い。なお、大手行とは通俗的な呼称であり、普通銀行のうち大都市に本店があり、全国展開をし、大企業との取引が多い傾向のある、規模の大きな銀行をさす。

 ただし、銀行法のなかでは「都市銀行」という分類は明示的には存在していない。行政上は、銀行免許を与えている銀行のうち、所管が地方財務局ではなく金融庁(本庁直轄)の大手行をさすとして、前記5行のうち埼玉りそな銀行を除く4行を都市銀行としている。

 都市銀行の数は1989年(平成1)には13行あったが、バブル経済崩壊以降、合併や破綻(はたん)等を通じて半分以下に減少した。日本銀行(日銀)が作成・公表している「貸出・預金動向」統計によると、2019年(令和1)の銀行の総貸出額に占める都市銀行の総貸出額の割合は40%台なかばとなっており、60%以上であった1990年代に比べると銀行貸出市場における存在感は低下傾向にある。

[平田英明 2020年10月16日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とし‐ぎんこう ‥ギンカウ【都市銀行】
〘名〙 銀行法で設立された普通銀行のうち、大都市を主な営業基盤とし、全国的に支店網をもつ銀行。市中銀行。都銀。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

都市銀行」の用語解説はコトバンクが提供しています。

都市銀行の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation