@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

都留重人【つるしげと】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

都留重人
つるしげと
[生]1912.3.6. 東京
[没]2006.2.5. 東京,港
経済学者。旧制第八高等学校2年時に治安維持法違反で除籍。渡米して 1935年ハーバード大学を卒業。ジョセフ・A.シュンペーターのすすめで集計概念の方法的検討という主題に頭した。学位を得たのちも同大学経済学部助手,講師としてとどまりポール・A.サミュエルソンやジョン・K.ガルブレイスらと親交を深めたが,太平洋戦争開始後に交換船で帰国,1944年外務省に勤務。戦後は連合国総司令部 GHQ経済科学局経済顧問,片山内閣経済安定本部総合調整委員会副委員長を歴任。 1948年東京商科大学教授,1972~75年一橋大学学長,1975年一橋大学名誉教授。第1回『経済白書』 (1947) の執筆にあたった。主要著作は『都留重人著作集』 (13巻,1975~76) に所収。 1980年コメンドトーレ勲章受章。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

つる‐しげと【都留重人】
[1912~2006]経済学者。東京の生まれ。米国ハーバード大学卒業後、同校の講師を務める。昭和17年(1942)帰国し、昭和22年(1947)第1回経済白書を執筆。その後は一橋大学学長など各大学の学長・教授を歴任、都市問題や公害問題などにも積極的に取り組んだ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

都留重人 つる-しげと
1912-2006 昭和-平成時代の経済学者。
明治45年3月6日生まれ。ハーバード大を卒業して講師をつとめ,昭和17年帰国。22年経済安定本部(のちの経済企画庁)にはいり,第1回「経済白書」を執筆。23年東京商大(現一橋大)教授となり,47年一橋大学長。のち明治学院大教授。現代資本主義分析で国際的に知られる。平和問題,都市・環境問題などでも発言をかさねた。平成18年2月5日死去。93歳。東京出身。著作に「公害の政治経済学」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)

都留重人
つるしげと
(1912―2006)

国際的な経済学者。東京に生まれる。ハーバード大学で学び、卒業後、同大学の助手、講師を務める。その間、J・A・シュンペーターに学ぶ。太平洋戦争開戦のため1942年(昭和17)に交換船で帰国し、応召後1944年から外務省に勤務。戦後1947年(昭和22)片山哲内閣の経済安定本部副長官となり、日本で初めての『経済白書』(経済実相報告書)の執筆にあたった。1948年東京商科大学(現在の一橋大学)教授となり、1972年から一橋大学学長。1975年退官し、朝日新聞社論説顧問、明治学院大学教授を歴任。1977~1980年には国際経済学会(International Economic Association)会長も務めた。経済体制、公害、都市問題などを、人間復位の立場から分析し、また、経済現象を素材面と体制面とを区別しながら両者の統一を図る政治経済学を提唱した。

[中村達也]

『『都留重人著作集』全13巻(1975~76・講談社)』『都留重人編『世界の公害地図』上下(1977・岩波書店)』『都留重人著『新しい政治経済秩序を求めて』(1983・朝日選書)』『都留重人著、渡辺敏・石川通達訳『日本の資本主義――創造的敗北とその後』(1995・岩波書店)』『都留重人著『なぜ今、日米安保か』(1996・岩波書店)』『都留重人著『いくつもの岐路を回顧して――都留重人自伝』『21世紀日本への期待――危機的現状からの脱却を』(2001・岩波書店)』『都留重人著『科学と社会――科学者の社会的責任』(2004・岩波書店)』『都留重人著『経済学はむずかしくない』(講談社現代新書)』『都留重人著『地価を考える』(岩波新書)』『P・A・サムエルソン著、都留重人訳『経済学』上下(1981・岩波書店)』『Shigeto Tsuru:Japan's Capitalism;creative and beyond(1993, Cambridge University Press)』『Institutional Economics Revisited(1993, Cambridge University Press)』『Economic Theory and Capitalist Society;The Selected Essays of Shigeto Tsuru(1994, Edward Elgar Publishing, Great Britain)』『The Economic Development of Modern Japan;The Selected Essays of Shigeto Tsuru(1995, Edward Elgar Publishing, Great Britain)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

都留重人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

都留重人の関連情報

関連キーワード

牧野省三[各個指定]工芸技術部門ヘレン ミレン[各個指定]芸能部門意匠テキサス大学アイスランドの要覧アイルランドの要覧アルゼンチンの要覧アルバニアの要覧

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation