@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

都留【ツル】

デジタル大辞泉

つる【都留】
山梨県南東部の市。古くから機業が行われ、甲斐絹(かいき)産地として知られる。中心地の谷村(やむら)は旧城下町。人口3.4万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

つる【都留】
山梨県南東部の市。桂川中流域にある。甲斐絹かいきの産地として知られ、夜具地・座布団地に用いる八端の機業が盛ん。都留文科大学がある。
甲斐国東部の古郡名。鶴を連想して和歌に詠まれた。歌枕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

つる【都留】
[一] 甲斐国(山梨県)東部の古郡名。明治一一年(一八七八)南・北の二郡に分かれた。現在の大月・都留・富士吉田・上野原の各市と北都留・南都留の両郡とを合わせた地域にあたる。
※三代実録‐貞観一四年(872)三月二〇日「甲斐国都留郡大領外正六位上矢作部宅雄」
[二] 山梨県南東部の地名。桂川の上・中流域にある。中心地域の谷村(やむら)は、文祿三年(一五九四)浅野氏の築城による勝山城の旧城下町で、江戸時代には代官所が置かれた。甲斐絹(かいき)の発祥地で、絹・人絹の織物の町として発達。昭和二九年(一九五四)市制。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

都留」の用語解説はコトバンクが提供しています。

都留の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation