@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

都賀庭鐘【つがていしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

都賀庭鐘
つがていしょう
[生]享保3(1718)頃.大坂
[没]寛政6(1794)頃.大坂
江戸時代中期の文人,読本作者。号,近路行者 (きんろぎょうじゃ) ,千里浪子,大江漁人など。若いときから香,茶,書また医を学んだ。医を業とする一方,儒者としても立ち,唐音 (とうおん) を学んで中国白話小説を読み,その影響で小説を書いた。初作の寛延2 (1749) 年の『英草紙 (はなぶさぞうし) 』,明和3 (1766) 年の『繁野話 (しげしげやわ) 』,天明6 (1786) 年の『莠句冊 (ひつじぐさ) 』はともに「古今奇談」の角書をもち,3部作をなす。これらはいずれも白話小説の翻案で,のちの伝奇的な読本に先鞭をつけた点で高く評価される。また『康煕字典』を翻刻した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

つが‐ていしょう【都賀庭鐘】
[1718ころ~1794ころ]江戸中期の読本(よみほん)作者儒医。大坂の人。上田秋成の師。号、近路行者(きんろぎょうじゃ)など。中国の白話小説を翻案して初期読本の先駆をなした。作「英草紙(はなぶさそうし)」「繁野話(しげしげやわ)」「莠句冊(ひつじぐさ)」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

都賀庭鐘 つが-ていしょう
1718-? 江戸時代中期の医師,漢学者,読み本作者。
享保(きょうほう)3年生まれ。大坂の人。新興蒙所(にいおき-もうしょ)に書と篆刻(てんこく)を,香川修庵に医学をまなぶ。当時流行した中国の白話文学を翻案して「英草紙(はなぶさぞうし)」「繁野話(しげしげやわ)」「莠句冊(ひつじぐさ)」の三部作をかき,読み本のとされる。安永9年「康煕(こうき)字典」を校訂して出版した。字(あざな)は公声。通称は六蔵。号は大江漁人,近路行者など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

つがていしょう【都賀庭鐘】
1718ころ‐94?(享保3ころ‐寛政6?)
江戸中期の読本作者,儒者,医者,書家。通称六蔵,字は公声,号は近路行者(きんろぎようじや),大江漁人,辛夷館。大坂に生まれ,10代の終りから医学を京都の古医方の大家香川修庵に学んだ。当時流行の中国白話小説に親しむようになる。大坂へ帰り20代後半に医者となり,多くの門下生を養成した。儒者・文学者としての活動を始めた彼は,前々から構想をめぐらしていたものを基礎にして,まず前編として1749年に,《古今奇談・英草紙(はなぶさそうし)》を出した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

都賀庭鐘
つがていしょう
(1718―94ころ)

江戸中期の小説家。通称は六蔵、庭鐘は名、字(あざな)は公声。十千閣、近路行者(きんろぎょうじゃ)、千里浪子、大江漁人、巣庵(そうあん)、辛夷館(しんいかん)、巣居、毛野村丹三郎、渡頭一舟子などの号をもつ。大坂の人。書と篆刻(てんこく)を新興蒙所(におうもうしょ)に、医を古医方の大家香川修庵に学び、また茶道家で香道の古法を興した大枝流芳と交わる。漢学は京都の徂徠(そらい)学派の者に学んだらしい。とくに当時流行の中国白話(はくわ)文学を愛好し、それを翻案して『英草紙(はなぶさそうし)』(1749刊)、『繁野話(しげしげやわ)』(1766刊)、『莠句冊(ひつじぐさ)』(1786刊)の三部の小説を著したが、これが読本(よみほん)の嚆矢(こうし)であって、読本史に占める位置は大きい。大坂・天満で医を開業し、その知識に基づいて『通俗医王耆婆(ぎば)伝』(1763刊)を著したが、かたわら篆刻の書『全唐名譜』(1741刊)、『漢季章譜』(1791刊)を著し、投壺(とうこ)、本草など広く中国の学芸を渉猟し、中国戯曲の知識に基づく『四鳴蝉(しめいぜん)』(1771刊)もある。なかでもっとも有意義の著作は『康煕(こうき)字典』を1778年(安永7)に校刊したもの。その博学と上田秋成(あきなり)に中国小説を指導した見識とは、当時の大坂の第一流の人物としてよい。

[徳田 武]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

つが‐ていしょう【都賀庭鐘】
江戸中期、大坂の儒医・読本作者。字は公声、通称は六蔵、号は巣庵。中国の白話文学に造詣深く、二〇代に中国白話小説を翻案した「英草紙(はなぶさそうし)」その他の作品を書き、初期読本の先駆をなして、知識的で思想性の濃い作風を発揮した。上田秋成以下、のちの読本作者への影響も大きい。安永九年(一七八〇)に日本で初めて「康熙字典」を刊行し、唐本の引用文の誤りの補正を付した。篆刻・投壺など文人趣味の著作もある。他に「繁野話(しげしげやわ)」「莠句冊(ひつじぐさ)」など。享保三年(一七一八)生まれ。寛政~文化頃没。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

都賀庭鐘」の用語解説はコトバンクが提供しています。

都賀庭鐘の関連情報

関連キーワード

安保理決議1695と1718宮津国連安保理決議と議長声明カール[12世]カルル12世カルル12世カール(12世)核実験と制裁伊勢貞丈外郎売り

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation