@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

都鄙問答【とひもんどう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

都鄙問答
とひもんどう
江戸時代中期の心学者石田梅岩著書石門心学根本原理を述べたもの。長短 16段の問答から成り,全4巻。元文4 (1739) 年刊。売本ではなく,門弟講義を聞く人のための一種の私家版として頒布されたらしい。享保 14 (29) 年から 10年間の講述整理編纂したもの。文章も平易で,民衆の間に広く伝わった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とひもんどう〔トヒモンダフ〕【都鄙問答】
江戸中期の心学書。4巻。石田梅岩著。元文4年(1739)刊。石門心学思想を、平易な問答形式で述べたもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とひもんどう【都鄙問答】
江戸時代の心学の祖石田梅岩主著。4巻16段。1739年(元文4)刊。明治以後も版を重ねた。月次の例会での問答を中心としたもので,梅岩の思想が集約されている。社会に貢献する点では商人も武士に劣らないとの主張が高く評価されているが,そのためにも商人は商人道を自覚しなければならぬと反省を求めるところに梅岩の主意があった。石門心学の中心的教典となった。《経済大典》,岩波文庫などに所収。【竹中 靖一】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とひもんどう【都鄙問答】
四巻。石田梅岩著。1739年刊。梅岩の講義を整理・編纂へんさんし、問答形式で述べる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

都鄙問答
とひもんどう
江戸中期の心学(しんがく)者石田梅岩(ばいがん)の主著。4巻16段の問答体よりなり、石門(せきもん)心学の原理論を説いた書。1739年(元文4)刊。第1巻は「都鄙問答ノ段」以下5段、梅岩の思想体験と学問観を中心に、「孝」の道をはじめ四民の道を論じ、総論とする。第2巻は「鬼神ヲ遠(とおざく)ト云事(いうこと)ヲ問(とう)ノ段」以下4段、神儒仏諸思想の一致を説く。なかでも「或(ある)学者商人ノ学問ヲ譏(そしる)ノ段」は、商人の道が士農工の道と同等で普遍的人間の道として、時代の通念であった賤商(せんしょう)論に反論した注目すべき段である。第3巻は全巻「性理問答ノ段」にあてられ、梅岩独自の心学哲学が展開されている。第4巻は「学者行状心得難(こころえがた)キヲ問ノ段」以下6段、学者、僧侶(そうりょ)、医者、商人のあり方や信仰の問題など、多方面にわたる具体例について梅岩の主張を明らかにする。同書は全巻を通じて梅岩の誠実な人格と思索がうかがわれ、近世中期の庶民が自覚した哲学を示す代表的著作として注目すべきである。[今井 淳]
『『日本古典文学大系 97 近世思想家文集』(1966・岩波書店) ▽『日本の名著 18 富永仲基・石田梅岩』(1972・中央公論社) ▽石川謙著『石田梅岩と都鄙問答』(岩波新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とひもんどう トヒモンダフ【都鄙問答】
江戸中期の心学書。四巻二冊。石田梅岩(勘平)著。元文四年(一七三九)刊。著者が創始した石門心学の思想の要旨を平易な問答形式で述べたもの。広く流布し、心学運動の宝典として後世に影響を与えた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

都鄙問答
とひもんどう
江戸中期,石田梅岩のした石門心学の概説書
1739年刊。4巻。梅岩が '29年心学教授を始めてから10年間の講義内容を整理・編纂したもので,石門心学の立場とその根本原理を問答形式で平易に説いた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

都鄙問答」の用語解説はコトバンクが提供しています。

都鄙問答の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation