@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鄱陽湖【ハヨウコ】

デジタル大辞泉

はよう‐こ〔ハヤウ‐〕【鄱陽湖】
中国、江西省北部にある大贛江(かんこう)などの河川が流入し、北部の湖口(ここう)で揚子江とつながる。面積3976平方キロメートル。波陽湖。ポーヤン湖

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はようこ【鄱陽湖 Pó yáng hú】
中国,江西省北部にある湖。贛江(かんこう),撫江,信江,修水,鄱江などの川が流入する。南北両湖に分かれ,湖水は北の湖口を経て長江(揚子江)に注ぐ。面積3976km2,湖面の標高21mで中国最大の淡水湖である。古くは彭蠡(ほうれい),彭沢と呼ばれ,隋代以降に鄱陽湖と呼ばれる。都昌・呉城の間で湖面が狭くなり,このくびれた部分をにして北湖と南湖に分かれる。南湖は江西省のほとんどの水系を集め,増水期には内陸まで浸水し最深部は十数mに達する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

はようこ【鄱陽湖】
中国、江西省北部にある湖。江西省の主な河川が流入し、北部の湖口で長江に通じる。水産物が豊富。面積5千平方キロメートル。ポーヤンフー。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

陽湖
はようこ / ポーヤンフー
中国、江西省北部にある同国最大の淡水湖。面積3976平方キロメートル。湖面の標高21メートル。水深は最大23.7メートル。洪水期には面積は5050平方キロメートルに拡大する。南が広く北が狭いひょうたん形の湖である。元来は燕山(えんざん)運動の時期に形成された大盆地に水がたまったためできた湖だが、大部分の地域とくに南岸部の緩慢な上昇と河川の流し込む泥の堆積(たいせき)により、現在では湖の面積は半分以下になっている。(かんすい)、修水、(はこう)、撫河(ぶが)、信江などの水が流入し、北方の湖口を経て長江(ちょうこう/チャンチヤン)(揚子江(ようすこう))に流入する。古くは彭沢(ほうたく)、彭蠡(ほうれい)、彭湖(ほうこ)などと称していたが、明(みん)代になって陽湖とよばれるようになった。標高が長江より少し高いので、正常な水位では長江からの逆流現象はみられず、各河川の泥をよく流出するので、洞庭(どうてい)湖に比べると土砂の埋積速度は遅い。湖岸は一望千里の沃野(よくや)をなし、水運と灌漑(かんがい)の便に恵まれ、養魚やハスの栽培も盛んである。[河野通博]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

鄱陽湖
はようこ
ポーヤン(鄱陽)湖」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鄱陽湖」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鄱陽湖の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation