@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【トリ】

デジタル大辞泉

とり【×酉】
十二支の一つで、その10番目。
方角の名。西。
時刻の名。今の午後6時ごろ、およびその後の2時間、または午後6時前後の2時間。
1にあたる年や日。
陰暦8月の異称。
酉の市。「一の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゆう【酉】[漢字項目]
人名用漢字] [音]ユウ(イウ)(漢) [訓]とり
十二支の10番目。とり。「辛酉・丁酉」
[名のり]なが・みのる

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

占い用語集

十二支の一つ。の金で、季節は秋、月は9月、時間は17~19時、方位は西を表す。

出典:占い学校 アカデメイア・カレッジ
Copyright (C) 2007 AKADEMEIA COLLEGE All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

とり【酉】
十二支の第十番目。年・日・時刻・方位などに当てる。
時刻の名。今の午後六時頃。または午後五時から七時までの間。または午後六時から八時。 -の刻
方角の名。西方。 → 酉の市酉の日酉の待まち

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


とり
十二支の第10番目。「ゆう」ともいい、十二支獣としてニワトリがあてられる。8月の異称として用いられるほか、江戸時代以来、江戸(東京)では11月の酉の日に、酉の市(いち)の名で知られる鷲(おおとり)神社の祭礼が行われ、幸運や富を掻(か)き寄せるという熊手(くまで)が売られてにぎわう。時刻としても用いられ、今日の午後6時を中心とした前後2時間を「酉の刻」「酉の時」といった。方角としては西をいう。[宇田敏彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とり【酉】
〘名〙
① 十二支の一つで、その第一〇番目。ゆう。
※拾遺(1005‐07頃か)物名・四三〇「むま ひつじ さる とり いぬ ゐ むまれよりひつじつくれば山にさるひとりいぬるに人ゐていませ〈よみ人しらず〉」
② ①を年月日・方角・時刻に配して、その呼び名とするもの。
(イ) ①にあたる年や日。
※雑俳・柳多留‐九二(1827)「酉に豆まけば来るのは戌の春」
(ロ) 方角の西。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
(ハ) 現在の午後六時頃。また、その前後二時間。一説にその後二時間。酉の刻。酉の時。〔文明本節用集(室町中)〕
(ニ) 八月の異称。
※洒落本・福神粋語録(1786)部屋持の部屋「霜月のとりはちょぼいち、正月の酉はさございの宝引さ」
④ 数の一〇をいう、古本屋仲間の符丁。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

酉の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation