@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

配当控除【はいとうこうじょ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

配当控除
はいとうこうじょ
所得における税額控除の一つで,法人税所得税二重課税の調整の措置として設けられた制度。居住者が利益配当剰余金分配または証券投資信託収益の分配にかかる配当所得を有するときは,受取配当所得の一定額をその者の総所得にかかる算出税額から控除するものであり,配当控除率は,たとえば課税総所得金額が 1000万円以下の場合,利益の配当および剰余金の分配にかかる配当所得の 10% (1992年) である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

投資信託の用語集

配当控除

配当金の二重課課税を軽減するため確定申告することにより、源泉徴収された税の一部を還付してもらうこと。

出典:(社)投資信託協会

会計用語キーワード辞典

配当控除
配当控除とは、配当所得があるときに一定の金額の税額控除を受けることができることです。配当所得×控除率=配当控除です。控除率は、課税総所得金額により決まります。

出典:(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」

世界大百科事典 第2版

はいとうこうじょ【配当控除】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

配当控除」の用語解説はコトバンクが提供しています。

配当控除の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation