@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

配当金【はいとうきん】

デジタル大辞泉

はいとう‐きん〔ハイタウ‐〕【配当金】
配当する金。特に、利益や剰余金分配金株式配当金、保険配当金など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

投資信託の用語集

配当金

株主が企業から利益確定請求権に基づき利益の分配を受け取る金銭のこと。

出典:(社)投資信託協会

会計用語キーワード辞典

配当金
会社から株主へお金を分配することを配当金といいます。配当金には、確定決算により支払う期末配当と、途中で支払う中間配当があります。配当には普通配当の他に特別配当記念配当があります。また、企業は商法で定められている配当可能限度額の中でしかお金を支払うことができません。株主は配当金に対して強い関心を持っています。そんな配当金の水準を測る水準には、配当性向配当利回りがあります。

出典:(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」

保険基礎用語集

配当金
生命保険会社が毎年、決算で生じた剰余金を契約者に分配する制度を指します。

出典:みんなの生命保険アドバイザー
(C) Power Planning Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

配当金
契約者配当(金)となりますので意味は次の通りとなります。生命保険会社において、年度決算で生じた剰余金を契約者に分配する制度をいい、これによって契約者に支払われる配当金が契約者配当金である配当金は保険種類、被保険者の性別、加入年齢、加入後の年数、保険期間など、剰余金を生み出す度合に応じて個々の契約に対して公平に割当てられます。

出典:みんなの生命保険アドバイザー
(C) Power Planning Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

はいとうきん【配当金】
株主などに分配される利益金。株式配当金や保険配当金など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はいとう‐きん ハイタウ‥【配当金】
〘名〙 配当する金。割りあてる金。特に、株式配当金、保険配当金などの利益の分配金をいう。〔数学ニ用ヰル辞ノ英和対訳字書(1889)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

配当金」の用語解説はコトバンクが提供しています。

配当金の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation