@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

配給【はいきゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

配給
はいきゅう
物資の供給を政府など公的機関が一元的に行う制度。物資の分配は,生産者から最終消費者まで,価格機能を通して行われるのが資本主義社会における原則である。しかし戦時経済など物資が相対的に不足するときには公的機関が価格,数量を制限し,配給制度に移行する場合がある。第1,2次世界大戦中および大戦直後などでは多くの国で民需物資の生産量が少くなり,流通面での統制が行われた。日本の食糧公団などによる商品別購入券制度や米穀通帳制度などは,配給の典型的な例である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はい‐きゅう〔‐キフ〕【配給】
[名](スル)
品物などを一定の割合でめいめいに配ること。「食糧を配給する」
統制経済のもとで、特定商品の一定量を特別の機関や方法によって消費者に公平に売り渡すこと。「配給制度」
一定の商品を一定の地域に配布・販売すること。「洋画の配給会社」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はいきゅう【配給】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

はいきゅう【配給】
( 名 ) スル
品物などを割り当てて銘々に与えること。 「食料を-する」
統制経済の下で、不足しがちな物資の流通を統制し、特定の機関を通じて一定量ずつ売ること。第二次大戦の戦中・戦後に行われた。 「 -制度」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はい‐きゅう ‥キフ【配給】
〘名〙
① くばり与えること。品物などを一定の割合でめいめいにくばること。
※夢声半代記(1929)〈徳川夢声〉新宿座「映画会社から配給(ハイキフ)を止められちまったらしかった」 〔晉書‐郭黙伝〕
② 統制経済のもとで、数に限りのある物資などを特別の方法・機関によって一定量ずつ消費者に売ること。
※街の物語(1934)〈榊山潤〉「夕方、炭が配給された」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

配給」の用語解説はコトバンクが提供しています。

配給の関連情報

他サービスで検索

「配給」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation