@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

酒井忠次【さかいただつぐ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

酒井忠次
さかいただつぐ
[生]大永7(1527).三河
[没]慶長1(1596).10.28. 京都
安土桃山時代の武将徳川氏重臣。忠親の子。幼名は小平次,小五郎。左衛門督,入道して一智と号した。家康仕え永禄7 (1564) 年今川氏の武将小原鎮実を吉田城に落して吉田城主となる。姉川戦い三方ヶ原い,長篠の戦い小牧長久手の戦いにがあり,天正 16 (88) 年致仕した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さかい‐ただつぐ〔さかゐ‐〕【酒井忠次】
[1527~1596]安土桃山時代の武将。徳川家康に仕え、姉川・三方ヶ原・長篠などの多くの戦に軍功あり、徳川四天王の一人に数えられた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

酒井忠次 さかい-ただつぐ
1527-1596 戦国-織豊時代の武将。
大永(たいえい)7年生まれ。松平広忠,その子徳川家康につかえる。徳川四天王のひとり。妻の碓井(うすい)姫は家康の叔母(おば)。永禄(えいろく)7年三河(愛知県)吉田城主。姉川,長篠(ながしの),小牧・長久手(ながくて)などの戦いで活躍政治手腕もすぐれ,石川数正(かずまさ)とともに家康を補佐した。慶長元年10月28日死去。70歳。三河出身。通称は小平次,小五郎,左衛門尉。号は一智。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

さかいただつぐ【酒井忠次】
1527‐96(大永7‐慶長1)
戦国末期から織豊期にかけて徳川家康に仕えた武将。通称小平次または小五郎,左衛門尉(さえもんのじよう)を名のる。父は左衛門尉系酒井氏の忠親。若年より徳川家康に仕え,1563年(永禄6)三河一向一揆等に力戦,64年家康が三河一国を統一したとき吉田城主となり,東三河の諸士の旗頭となる。石川数正とともに家康の左右にあって補佐した。86年(天正14)従四位下左衛門督に叙任,88年致仕した。【所 理喜夫】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さかいただつぐ【酒井忠次】
1527~1596 安土桃山時代の武将。忠親の子。徳川四天王の一人。家康幼少の頃から仕え、姉川、長篠、小牧・長久手の戦いで活躍。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

酒井忠次
さかいただつぐ
(1527―1596)
徳川家康の覇業に功績のあった重臣。本多(ほんだ)、井伊(いい)、榊原(さかきばら)とともに徳川四天王の一人。徳川氏と同祖だという名門左衛門尉(さえもんのじょう)酒井氏の嫡流に生まれる。家康より15歳年長の忠次は早くから家康に仕え、家康の駿府(すんぷ)人質時代にも供奉(ぐぶ)して奏者役(そうじゃやく)などを勤めた。家康が三河(愛知県東部)を支配する過程で、西三河は石川家成(いえなり)、東三河は忠次が旗頭に任命され、よくその責を果たした。家康の領域が拡大するとともにその役割も大きくなり、1582年(天正10)武田勝頼(かつより)滅亡後には信濃(しなの)(長野県)経略の責任者となるなど活躍している。86年従(じゅ)四位下、左衛門督(さえもんのかみ)に叙任され、88年62歳で隠居し、一智(いっち)と号した。妻は家康の父松平広忠(ひろただ)の異母妹である。[林 亮勝]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さかい‐ただつぐ【酒井忠次】
戦国・安土桃山時代の武将。左衛門尉忠親の子。妻は松平広忠の妹。徳川氏三河累代の重臣。徳川四天王の一人。姉川、三方ケ原、長篠の戦いなどに従軍し、功を立てた。大永七~慶長元年(一五二七‐九六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

酒井忠次」の用語解説はコトバンクが提供しています。

酒井忠次の関連情報

関連キーワード

尚真王マク氏黎朝崇元寺黎朝オルテリウス守礼門高三隆達フェリペ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation