@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

酒井氏【さかいうじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

酒井氏
さかいうじ
清和源氏新田の一流といわれる。古くから三河国幡豆郡酒井郷,あるいは同国碧海郡酒井郷に住し,この地にちなんで氏としたという。酒井氏は,室町時代中期,広親に氏忠,家忠の2子があり,氏忠の子孫が酒井左衛門尉系,家忠の子孫が酒井雅楽助系となった。古くから松平氏と密接な関係をもち,松平氏の強大化と,徳川家康による全国支配の実現に伴って酒井一族はいずれも繁栄した。酒井左衛門尉系には,出羽庄内藩主酒井氏,同国松山藩主酒井氏があり,明治にいたって,前者伯爵後者子爵に叙せられた。酒井雅楽助系には,播磨姫路藩主酒井氏,上野伊勢崎藩主酒井氏,若狭小浜藩主酒井氏,安房勝山藩主酒井氏,越前敦賀藩主酒井氏らがあり,明治にいたり,姫路藩主酒井氏および小浜藩主酒井氏は伯爵に,ほかはそれぞれ子爵に叙せられた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さかいうじ【酒井氏】
西三河の坂井郷から起こった土豪で,近世には門閥譜代大名となる。出自は松平氏別流(図)。戦国期,松平氏とともにその領主制深化・発展させ,近世には井伊氏,本多氏,榊原氏とともに譜代大名のなかでも最高の家格の門閥譜代層を構成した。戦国期には代々松平宗家の年寄(家老)となり,近世にはしばしばこの一門から老中大老が選任された。《三河物語》によれば松平氏始祖の親氏がまだ徳阿弥といったころ諸国を流浪,西三河の坂井の郷中にて1子をもうけた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

酒井氏
さかいうじ

徳川将軍家譜代(ふだい)の重臣。雅楽助(うたのすけ)酒井氏、左衛門尉(さえもんのじょう)酒井氏の2系があるが、いずれも大名家、旗本家を分出し、繁栄した。酒井氏の始祖広親(ひろちか)は徳川氏始祖松平親氏(まつだいらちかうじ)の子だとする。『寛永諸家系図伝(かんえいしょかけいずでん)』左衛門尉酒井氏の項には、「家伝にいはく」として、親氏は三州(さんしゅう)(三河国(みかわのくに))に住して2子を生んだ。1人は松平泰親(やすちか)で、他は酒井氏を称して代々家老となった、としている。『寛政重修諸家譜(かんせいちょうしゅうしょかふ)』雅楽助酒井氏の項も同趣旨を記しており、同書は酒井氏を「松平別流」として扱っている。左衛門尉系は広親の長子氏忠(うじただ)の系統、雅楽助系は次子家忠(いえただ)の系統とされるが、左衛門尉系は徳川家康に従って功績のあった忠次(ただつぐ)の父から系譜を書き上げており、中間は明確ではない。しかし酒井氏が松平氏譜代の重臣で松平氏の発展に貢献したことは十分に考えられる。家康代には左衛門尉忠次、雅楽助正親(まさちか)、河内守(かわちのかみ)重忠(しげただ)らが活躍し、幕政草創期には雅楽頭(うたのかみ)忠世(ただよ)が大きな働きを示している。3代家光(いえみつ)、4代家綱(いえつな)代の老中讃岐守(さぬきのかみ)忠勝(ただかつ)も雅楽助系の分家であり、家綱代には雅楽頭忠清が権勢を振るった。左衛門尉家は出羽(でわ)(山形県)庄内(しょうない)に定着し、出羽松山藩などの分家を出した。雅楽助家は上州(群馬県)前橋から播磨(はりま)(兵庫県)姫路に移り、讃岐守忠勝家は若狭(わかさ)(福井県)小浜(おばま)を領した。

[林 亮勝]

『中村孝也著『家康の臣僚 武将編』(1968・人物往来社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

酒井氏」の用語解説はコトバンクが提供しています。

酒井氏の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation