@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

酒井田柿右衛門【サカイダカキエモン】

デジタル大辞泉

さかいだ‐かきえもん〔さかゐだかきヱモン〕【酒井田柿右衛門】
[1596~1666]江戸初期の陶工肥前国有田の人。中国の上絵付け技法を学び、日本で初めて赤絵焼成に成功、国内外に大きな影響を与えた。子孫代々柿右衛門を名乗り、その作品をも柿右衛門という。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さかいだかきえもん【酒井田柿右衛門】
肥前有田の陶工で,江戸前期から今日まで,14代にわたって独特の色絵磁器を焼く。初代柿右衛門(生没年不詳)は,正保(1644‐48)ころ,明の五彩磁の技法を日本ではじめて完成したといわれている。酒井田家は有田皿山の中心部から離れた南川原(なんがわら)山にを築き,伊万里焼とは性質を異にする上質の色絵磁器を焼成した。濁手(にごしで),乳白手などといわれる純白の白磁に,赤,青,青緑,,紫などの色絵具を用いて花鳥人物文などを描いた色絵磁器(赤絵)は,柿右衛門様式として知られている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

旺文社日本史事典 三訂版

酒井田柿右衛門
さかいだかきえもん
(初代)1596〜1666
江戸前期の陶工。赤絵の始祖
肥前(佐賀県)有田の人。もと染付白磁を焼いていたが,正保年間(1644〜48)苦心のすえ赤絵を発明。その作品はオランダ人によりヨーロッパにも輸出され,強い影響を与えた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

酒井田柿右衛門
さかいだかきえもん

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

酒井田柿右衛門
さかいだかきえもん

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さかいだ‐かきえもん【酒井田柿右衛門】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

酒井田柿右衛門」の用語解説はコトバンクが提供しています。

酒井田柿右衛門の関連情報

関連キーワード

ドライデン慶長の大地震ニュートンクロノグラムホイヘンス大老ホイヘンスボイル(Robert Boyle)モリエールライプニッツ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation