@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

酒屋【サカヤ】

デジタル大辞泉

さか‐や【酒屋】

酒を売る店。また、その職業。
酒の醸造を職業とする家。造り酒屋。
浄瑠璃「艶容女舞衣(はですがたおんなまいぎぬ)」の下のの後「上塩町の段」の通称。半七の妻お園のくどきが有名。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さかや【酒屋】
日本古代における酒造は,造酒司(さけのつかさ)や神社付属の酒殿において行われ,また各戸においても容易に醸造できたためか,酒屋を商業として営むものは少なかった。《日本霊異記》に酒を水でうすめて売る女が現れてくるのが早い例であろう。《延喜式》記載の平安京の市には酒廛(しゆてん)はない。しかし,鎌倉期には京都では酒屋は無数にあったといわれ,鎌倉では,沽酒(こしゆ)(酒の売買)の禁に関しての幕府の1252年(建長4)の調査で,3万7274個の酒壺があったという。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

酒屋
さかや
酒類の醸造,販売業者。醸造業者を本酒屋,小売業者を請 (うけ) 酒屋と呼び分ける。酒は古代からあったが,営業用酒造は鎌倉時代以後盛んとなり,14世紀末室町幕府は京都あたりの酒屋に造酒税を課し,幕府の重要な財源とした。応永 32 (1425) 年京都あたりの酒屋は 342軒あった。また奈良,鎌倉,兵庫,博多などの都市にも酒造業者が多かった。酒屋は富商で,高利貸業を兼業したため,15~16世紀には,しばしば土一揆の攻撃目標とされた。近世には江戸,大坂など大市場へ向け醸造量を増大し,これまでの (かめ) から大樽による醸造に変り,労働形態もマニュファクチュアに推移した。特産地としては,奈良のほか摂津の伊丹,鴻池,池田などが名高い。明治以降,自家用酒造の禁止により,酒造業者は特権業者としてマニュファクチュア的経営を続けたが,近年は合成醸造の成功により,近代的経営に脱皮してきた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

酒屋
さかや
艶容女舞衣」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さか‐や【酒屋】
[1] 〘名〙
① 宮中や神社、または貴族の邸内などに設けられていた、酒を造るための場所や家。酒殿(さかどの)
※播磨風土記(715頃)揖保「酒屋(さかや)を佐々山(ささやま)に作りて祭りき」
② 酒造業者。または、酒を売る店。あるいは、飲ませる店。また、それらの業にたずさわる人。酒店(さかだな・さかみせ)。居酒屋。
※園太暦‐貞和三年(1347)八月八日「新日吉社造営料足事、宛課洛中河東酒屋、可其功之由」
[2] 浄瑠璃「艷容女舞衣(はですがたおんなまいぎぬ)」の下の巻の称。また「艷容女舞衣」の通称。上塩町の茜屋(あかねや)の場。半七の貞節な妻お園のくどきが有名。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さけ‐や【酒屋】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

酒屋
さかや
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
初演
明治33.8(大阪・天満座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

酒屋
(通称)
さかや
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
艶容女舞衣 など
初演
明治7.3(大阪・筑後芝居)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

酒屋
さかや
中世の酒造業者
鎌倉初期から増加し,室町時代,15世紀初め京都に342軒存在(中興 (なかおき) ・角倉 (すみのくら) は有名)。高利貸を兼ね土倉と並び称された。室町幕府は,これに多額の酒屋役を課して重要な財源とした。そのためいっそうの高利をとり,徳政一揆の攻撃目標となった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

酒屋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

酒屋の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation