@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

酒林【サカバヤシ】

デジタル大辞泉

さか‐ばやし【酒林】
酒屋の看板として、杉の葉を球形に束ねて軒先につるしたもの。酒の神ともされる奈良県の大神(おおみわ)神社が杉を神木とすることにちなむといわれる。さかぼうき。さかばた。杉玉。杉林。
武具の一。1の形をした指物(さしもの)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

酒林
造り酒屋軒下などに吊り下げられている、杉の葉を束ねて球状にした一種看板杉玉酒箒(さかぼうき)、酒旗(さかばた)などの別名もある。古く中国から渡来したといわれ、あちらでは酒林と青と白い布の酒旗が酒屋のシンボルであった。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

精選版 日本国語大辞典

さか‐ばやし【酒林】
〘名〙
① 杉の葉を束ねて、球状にし、軒先にかけて酒屋の看板としたもの。また、その店。奈良県三輪山麓鎮座の大神(おおみわ)神社の祭神のはたらきの一つは酒神で、杉を神木とすることによるという。酒箒(さかぼうき)。酒旗(さかばた)。〔和玉篇(15C後)〕
※俳諧・蕪村遺草(1783頃)「帘(さかばやし)軒にとしふるしぐれ哉」
② 武具の一つ。①の形をした指物(さしもの)
※雑兵物語(1683頃)下「指物の真先に出しと云物が有。旦那が出しはさかばやしだぞ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

酒林」の用語解説はコトバンクが提供しています。

酒林の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation