@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

酒箒【さかぼうき】

日本大百科全書(ニッポニカ)

酒箒
さかぼうき

昔の酒屋の看板。酒林(さかばやし)、酒旗(さかばた)ともいう。1~2尺(30~60センチメートル)の長さのスギの枝葉を束ねて箒のようにしたり、球状にしたもので、戸口に立て掛けたり、軒先につり下げたりした。江戸時代の末ごろまで一般にみられた風習で、今日でも一部の酒造家の間に残っている。スギが用いられるのは、古く神酒やそれを入れる瓶(かめ)のことを「みわ」とよび、また酒の神である大和(やまと)国(奈良県)三輪山(みわやま)に鎮座する大神(おおみわ)(三輪)神社がスギを神木とした縁によるといわれる。

[宇田敏彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さか‐ぼうき ‥ばうき【酒箒】
※仮名草子・奇異雑談集(1687)一「路じの小家に酒箒あり。二人よりて濁膠(にごりざけ)をのむ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さか‐ぼうき〔‐ばうき〕【酒×箒】
酒林(さかばやし)1」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

酒箒」の用語解説はコトバンクが提供しています。

酒箒の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation