@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

酒造株【しゅぞうかぶ】

世界大百科事典 第2版

しゅぞうかぶ【酒造株】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

しゅぞう‐かぶ シュザウ‥【酒造株】
〘名〙 江戸時代、米価調節の目的から、酒屋の造石高を制限し、かつ、課税の対象とするために幕府が明暦三年(一六五七)に定めた制度。酒株、酒屋株ともいい、のちには物件として売買、譲渡された。
※御触書天明集成‐四六・天明六年(1786)九月「且休来候酒造株之分酒造候儀可為無用候」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

酒造株」の用語解説はコトバンクが提供しています。

酒造株の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation