@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

酢酸エチル【さくさんエチル】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

酢酸エチル
さくさんエチル
ethyl acetate
酢酸エステルの一つ。化学式 CH3COOC2H5パイナップル中に存在し,またワイン,日本酒にも存在する。硫酸の存在で酢酸エチルアルコールの反応によって得られる。沸点 77.15℃。水に可溶,またほとんどの有機溶媒に溶解する。香料溶剤に用いられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さくさん‐エチル【酢酸エチル】
酢酸エチルアルコールエステル。パイナップルに似た芳香のある無色液体。引火しやすい。果実エッセンス・溶剤などに使用。化学式CH3COOC2H5

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

酢酸エチル
 C4H8O2(mw88.11).CH3COOC2H5.芳香を有し,着香剤として用いる.有機溶媒としても広く使われる.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さくさんえちる【酢酸エチル】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さくさんエチル【酢酸エチル】
エタノールと酢酸とのエステル。化学式 CH3COOC2H5 硫酸を触媒として加熱蒸留して得られる無色の液体。水には溶けにくい。パイナップルに似た芳香がある。香料や抽出溶媒に用いる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

酢酸エチル
さくさんえちる
ethyl acetate
代表的なエステルで、天然にはパイナップルなどの果実中に存在し、その香気の成分となっている。ワインや日本酒にも微量含まれている。酢酸とエタノールエチルアルコール)とを少量の硫酸の存在下で加熱すると生成する。この反応で硫酸は触媒と脱水剤を兼ねている。

常温では芳香を有する無色で揮発性の液体。エタノール、エーテル、ベンゼンなどほとんどすべての有機溶媒と任意の割合で混じり合う。水にもかなり溶ける。水があると徐々に加水分解をおこして酢酸とエタノールになる。この反応は、酸やアルカリが共存すると促進される。種々の有機物を溶かす能力が大きいので、塗料など広範囲にわたって溶剤として使われる。また、香料として、果汁、果実エッセンス、菓子などに用いられる。[廣田 穰]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さくさん‐エチル【酢酸エチル】
〘名〙 (エチルはÄthyl) 酢酸とエチルアルコールから生成したエステル。化学式 CH3COOC2H5 果実様の強い香気のある無色の液体。天然果実油、ぶどう酒、日本酒、コニャックなどの中に存在。香料、溶剤として広く用いられる。酢酸エステル。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

酢酸エチル
サクサンエチル
ethyl acetate

C4H8O2(88.11).CH3COOC2H5.エタノールと酢酸とを硫酸の存在下で加熱するか,エタノールを無水酢酸または塩化アセチルと反応させると得られる.特有の果実の芳香をもつ無色の液体.融点-83.6 ℃,沸点76.8 ℃.0.902.1.3723.引火点-3 ℃.水に微溶,エタノール,アセトン,クロロホルムやエーテルに可溶.溶剤や果実香料のほかに,繊維やプラスチックなどの化成品の製造原料に用いられる.[CAS 141-78-6]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

酢酸エチル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

酢酸エチルの関連情報

関連キーワード

酢酸鉄錯体酢酸鉛酢酸アルミニウム酢酸クロム酢酸鉄共役酸塩基対ホモ共役反応酢酸クロム酢酸鉛

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation