@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

酵素剤【コウソザイ】

デジタル大辞泉

こうそ‐ざい〔カウソ‐〕【酵素剤】
酵素を用いた医薬品。消化をよくするジアスターゼパンクレアチン血栓を溶解するウロキナーゼ、炎症を緩和するリゾチームなど。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうそざい【酵素剤】
酵素は生物細胞によってつくられ,細胞の内外での物質反応を生物の生存できる程度の温度圧力のもとで促進する触媒として働くタンパク質である。人間はさまざまの酵素をさまざまの形式で人間生活の営みのうえに利用しているが,酵素剤という医薬としての活用もまた将来性に富んだ一つの応用領域である。たとえば,細胞内で酵素の正常な働きが発揮できないとき,生体機能のうえに障害が生ずる。このような場合に細胞内に酵素を与えてやることができれば合理的である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こうそざい【酵素剤】
生体内での化学反応を促進するタンパク質である酵素を用いた薬剤。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

酵素剤」の用語解説はコトバンクが提供しています。

酵素剤の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation