@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

酸化アルミニウム【さんかアルミニウム】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

酸化アルミニウム
さんかアルミニウム
aluminium oxide
化学式 Al2O3 。アルミナともいう。α,γアルミナがあり,それぞれ菱面,立方晶系に属する。水酸化アルミニウムを 300℃以下で熱するとγアルミナを生じる。脱水温度 (1000℃以上) ではαアルミナを生じる。アルミナ触媒はγアルミナのこと。天然には鋼玉,紅色のルビー,青色のサファイアとして産出し,珍重されている。色の美しくない鋼玉は金剛砂として研磨材になる (→コランダム ) 。アルミナを電気炉中で半融したアランダムは耐火性が強く,硬度が高いので,るつぼ,そのほかの耐火器具にも使われる。α,γアルミナ以外に,かつてβアルミナに分類されたものは,のちに Na2O・11Al2O3 を基本とした別の化合物である事がわかった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さんか‐アルミニウム〔サンクワ‐〕【酸化アルミニウム】
アルミニウム酸化物化合物天然には鋼玉として産出し、工業的には原鉱から水酸化アルミニウムを取り出し、強く熱して作る。アルミニウム原料、人工宝石のルビーサファイア耐火材・研磨材・触媒などに用いる。化学式Al2O3 アルミナ。礬土(ばんど)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さんかアルミニウム【酸化アルミニウム aluminium oxide】
化学式Al2O3。アルミナという慣用名が広く使われている。いくつかの変態が存在するが,すべて白色の固体で水に難溶である。(1)α‐アルミナ 天然にはコランダムとして産出する。金属アルミニウムの燃焼,または水酸化アルミニウムの加熱によってつくられる。三方晶系(または六方晶系)結晶で,酸素原子は六方最密パッキング,その間隙の2/3にアルミニウム原子が存在し,アルミニウムのまわりには酸素がほぼ八面体に位している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

酸化アルミニウム
さんかあるみにうむ
aluminium oxide

アルミニウムの酸化物。工業的にはアルミナともいう。水酸化アルミニウムAl(OH)3(=Al2O3・3H2O)からAl2O3までの脱水過程の中間にある含水酸化物Al2O3xH2O(0<x<3)を含めることもある。純粋なものはα(アルファ)‐アルミナといい、わずかに水分を含んだものをγ(ガンマ)‐アルミナ(Al2O3nH2O;0<n<0.6)といっている。γ‐アルミナは強熱すると脱水してα‐アルミナとなる。古くβ(ベータ)-アルミナとよばれたものがあるが、これはNa2O・6Al2O3であることが示されている。α-Al2O3は天然にはコランダム(鋼玉)として産出。コランダムの人造品は商品名でアランダムといわれている。水に不溶。酸、アルカリにも難溶。耐火性が高い。モース硬度9.0。切削砥石(といし)、耐火レンガ、耐火材などに用いられる。不純物を含んで宝石となったものにルビー(紅玉、酸化クロム(Ⅲ)0.2~0.3%)やサファイア(青玉、酸化チタンと酸化鉄(Ⅲ)0.1~0.2%)がある。不純物を含んだコランダムはエメリーとよばれ研磨剤として用いられる。活性アルミナとして市販されているものは、アルミナ水和物を加熱脱水して得られる多孔性固体で、主成分がγ‐アルミナである。水分吸着能に優れ、各種化学反応の触媒ないし触媒担体として広く用いられており、またクロマトグラフ用吸着剤として有用である。

[守永健一・中原勝儼]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さんか‐アルミニウム サンクヮ‥【酸化アルミニウム】
〘名〙 (アルミニウムはAluminium) アルミニウムの酸化物。化学式 Al2O3 各種の変態があるが、いずれも無色または白色。触媒作用や吸着作用が強い。金属アルミニウムやアルミニウム化合物の原料、触媒、吸着剤、耐火材、研磨剤などに広く用いられる。アルミナ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

酸化アルミニウム
サンカアルミニウム
aluminium oxide

Al2O3(101.96).アルミナともいう.天然にはコランダム(鋼玉)として産出する.金剛砂は不純物を含んだもので,ルビーやサファイアは微量の重金属を含んだものである.ボーキサイト,ギブス石,ダイアスポアは水和物である.いくつかの変態があるが,いずれも無色で水には溶けず,鉱酸や強アルカリにも難溶であり,燃焼性や毒性はない.熱的に非常に安定である.両性酸化物だが,強熱したものは酸に難溶となり,融解したものは硬度が大きく,耐火性にもすぐれている.アルミン酸塩水溶液の加水分解により各種の水和酸化アルミニウムが得られる.水和酸化アルミニウムを高温で脱水すると安定なα-アルミナを生じる.α-アルミナは,密度3.9 g cm-3.融点2015±15 ℃,沸点2980±60 ℃.水に不溶.モース硬さ9.脱水温度が300 ℃ より低いと準安定なγ-アルミナが生成する.γ-アルミナは密度3.5~3.9 g cm-3.吸湿性で,軟らかい.さらに低温で脱水したものが活性アルミナで,表面積がきわめて大きいために吸着剤,乾燥剤などとして用いられる.触媒,半導体,研磨剤,工具研削剤,耐熱剤,絶縁体,レーザー材料,模造宝石,ガラス繊維,ニューセラミックス原料などに用いられる.[CAS 1344-28-1:Al2O3][CAS 14457-84-2:AlO(OH)]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

酸化アルミニウム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

酸化アルミニウムの関連情報

関連キーワード

メタアルミナ型パーアルミナ型アンモニア合成触媒ボーキサイトサブアルミナ型耐火粘土造滓溶剤アルミニウムアルミノケイ酸塩

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation